ただの雑記

【262の法則とは?】たったひとりでリアルに法則を再現してしまった話

みなさんは、“262の法則”を知っていますか?

自分は知ってます(昨日知った)

ある会社があったとして、その社員がなぜか下記のような構成になってしまう現象。

  • 上位の2割:できる人
  • 真ん中6割:普通の人
  • 下位の2割:できない人

 

で、自分が前の職場にいたときの話ですが、たったひとりで上位2割と下位2割を体験しました。

上位 → 下位 への転落。

どうせ好きなんでしょ、そういう話。

というわけで今回は、自分の実体験をまじえながらリアルな”262の法則”を共有します。

  • 会社における262の法則とは?
  • 上位から下位におちた体験談
  • 下位2割になった際の立ち回り

【262の法則とは?】たったひとりでリアルに法則を再現してしまった話

262の法則を体験した感想は、“見えない椅子取りゲーム”みたい感じ。

解説します。

 

上位2割の空席を与えられる

自分が会社に入ったときは、下記のような社員構成でした。

上位2割の椅子が、ひとつ空いてる。

【上位2割】
・かなりできる上司
空席

【真ん中6割】
・ぼちぼち社員1
・ぼちぼち社員2
・以下省略

【下位2割】
・頼りない先輩
・不真面目な先輩

 

まあ、これは自分の視点なので、ほかの人からの見え方は違うかもしれません。

ただ、明らかにパワーを感じました。

自分を上位2割の椅子にすわらせ、ほかの社員を下に追いやる外的な力です(自分の実力ではない)

 

おそらく、社長の言動でしょうね。

それが会社全体に波及。

自分でいうのもアレですが、入社直後の私はけっこう優等生で、期待の星だったのです。

  • 朝一番に出社する
  • 勉強熱心で真面目
  • イケメン(知らんけど)

 

周りから持ち上げられたこともあり、スキルは順調に身につき、評価も上々でした。

ゆとり世代なので、

ほめて伸ばすタイプなのです。

 

下位2割が空席に

それから数年がたち、下位2割にいた先輩がやめてしまいました。

ひとりは体調を崩して。

もうひとりは、普通に転職。

【上位2割】
・かなりできる上司
自分

【真ん中6割】
・ぼちぼち社員1
・ぼちぼち社員2
・以下省略

【下位2割】
・頼りない先輩  →退職
・不真面目な先輩 →退職

 

社風として相対評価がかなりキツかったので、その二人は上位2割の自分とたびたび比較されてました。

「仕事のやり方、彼(私)に教えてもらったら?」とか。

先輩がそんなん言われてたら、自分も気分よくないんですけどね…。

 

とにかく二人は退職したので、社員の構成が下記のように変わります。

下位2割が空席に。

【上位2割】
・かなりできる上司
自分

【真ん中6割】
・ぼちぼち社員1
・ぼちぼち社員2
・以下省略

【下位2割】
空席
空席

 

下位2割の空席に追いやられる

ここで”262の法則”が発動し、椅子取りゲームのシャッフルタイムです。

下位2割に落ちるのは、だれか。

というのも、下位2割の役目をする人がいなくなると、他のだれかがその穴埋めをするようになるのです(自動調節機能)

 

結果的に、こうなりました。

【上位2割】
・かなりできる上司
優秀な後輩

【真ん中6割】
・ぼちぼち社員1
・ぼちぼち社員2
・以下省略

【下位2割】
自分

 

新しく入った後輩がとても優秀でして、なんか知らんけど自分が下位2割に(スランプ気味だった)

というか、下位1割です。

明らかに、このポジションにいたのは自分だけだったので。

「仕事のやり方、彼(後輩)に教えてもらったら?」とか、言われましてね。

あれ?

このやり取り、どこかで見た気が…。

 

スポンサーリンク

下位2割になった際、どう立ち回るのが正解か

というわけで、リアルな”262の法則”はざっくりこんな感じでした。

あの後、自分もやめました。

そして、転職先では真ん中6割のグループに(相対評価がキツくない会社なので安心です)

 

下位2割にいると、会社によっては周りからの扱いがキツイですね。

でも、262の法則では必要な存在。

下位2割がいることで、残り8割の生産性が上がるみたいなので(自分の体感でもそう)

 

下位2割になった際の立ち回りとしては、下記を参考にしてください。

  1. 仕事を続ける
    →自分がいるから他の人が活躍できる
    →開き直って続ける
  2. 仕事をやめる
    →精神的にキツイ
    →残り8割になれる職場を探す

 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ!