ブログ

【再現性あり】ブログで読まれるネタをピンポイントで探す方法

ブログをはじめたばかりだと、読まれるネタの見つけ方がよくわからないですよね。

がんばって書いても、毎日のアクセスが2~3くらいだったりね。

自分もそうだったので、気持ちはわかります。

 

というわけで今回は、“ブログで読まれるネタの探し方”と題して、私がいつも実践しているメソッドを解説します。

この方法で5~6万PVまで達成可能です(実体験として)

 

内容は以下のとおり。

  • ネタ探しのツールを紹介
  • ネタ探し中に考えていること
  • 競合が弱い穴場の見つけ方

 

【再現性あり】ブログで読まれるネタをピンポイントで探す方法

ざっくりとした流れは、(1)キーワードツールで需要調査 → (2)競合が弱いネタを探す といった感じ。

このときのポイントは、“自分が書きたいネタは封印する”です。

 

理由は以下のとおり。

  • 自分が書きたいネタ
    →読者に押しつけるスタンス
    →ファンがいないと0PV
  • 読者が読みたいネタ
    →読者を待ち構えるスタンス
    →需要はあるので1PV以上

 

「自分が書きたいネタを封印したら、オリジナル性がなくなるのでは…?」と思うかもしれませんが、そんなことはないですよ。

読者が読みたいことをベースとして、自分が書きたいこと(体験談など)はそえるだけでOK。

十分にオリジナル性を確保できます。

 

ネタ探しはUbersuggestで

それでは、“ブログで読まれるネタの探し方”の具体的な解説をスタートします。

まずは、自分が今までに体験したことをリスト化してください。

「需要ないだろうな~」とかは考えずに、あげるだけあげていきます。

 

私の場合はこんな感じ。

  • 転職 面接
  • プログラミング 仕事
  • 資産運用、etc

 

つぎに、キーワード調査ツールをつかって、リスト化したネタの需要を調査します。

以下のツールを使います。

→Ubersuggest

 

使い勝手がいいので、個人的にはSearchConsoleよりもこちらがおすすめですよ。

以下がその理由。

  • 関連キーワードが一覧になる
  • 検索ボリュームがわかる
  • SEO難易度が数値化される

 

1~2語だけで検索 → ネタの需要調査

「転職 面接」や「プログラミング」といったキーワードを入力して、検索ボタンを押します。

この時点では、1~2語のキーワードでOK。

 

サイドバーの「キーワード候補」をクリックすると、実際に検索されるキーワードが表示されます。

一覧の「VOL」が月間の検索ボリューム。

たとえば、一番上にある「転職 面接」は1ヵ月で12,100回検索されるみたいですね。

 

VOLの大小によって、そのネタを採用するかどうかを判断します。

VOL500くらいを基準にすればいいかと。

  • VOLがおおい  → 次のステップへ
  • VOLがすくない → ボツネタ

 

SEO難易度が低いネタを抽出

まあまあ検索されることがわかったら、SEOの難易度が低いキーワードをしぼりこみます。

要するに、ライバルがすくないブルーオーシャンみたいな感じ。

Googleの検索上位に表示されやすくなりますよ。

 

SEO難易度の調べ方は、キーワードの一覧にある「SD」

ブログをはじめたばかりなら、SDが20以下、できれば15以下がいいと思います。(右上のフィルターで絞り込み可能)

 

一覧の上にある「サジェスト」、「関連」などを切り替えると、いろいろ出てきますよ。

下画像でいうと、上から3番目の「転職 面接 不採用 サイン」はいい感じです。

検索ボリューム(VOL)がけっこうあるし、SEO難易度(SD)も低め。

 


ブログで読まれるネタのサンプル

というわけで、以下のステップでネタを探すと、すくなくとも5~6万PVは達成できます。

簡単ですね。(継続はむずかしいけど)

  • ネタ探しはUbersuggestで
  • 1~2語だけで検索 → ネタの需要調査
  • SEO難易度が低いネタを抽出

 

私のブログで読まれる & 読まれない記事をサンプルとして紹介しておきます。

なにかに参考にしてください。

 

【読まれる記事 800PV/日】

キーワードは「再就職手当 いつ」

読者がもとめる情報を実体験にもとづいて書いたので、かなり読まれます。

再就職手当の支給日はいつ!?その答えは最短で〇日後だった再就職手当は最短でいつ支給されるか、申請から振込までの流れはどんな感じかについて、実体験をもとに解説します。再就職手当がなかなか振り込まれなくて、イライラしている方におすすめの記事です。...

 

【読まれない記事 20PV/日】

キーワードは「ハンターハンター 金粉少女」

自分が書きたいことを書いたので、あまり読まれません。

【ハンターハンター】金粉少女の価値は年間9億円だけど最終的には世界経済の破綻をもたらす理由ハンターハンターの世界にはグリードアイランドという島があり、そこで行われるゲームをクリアすると、特典としてゲーム内のカードを3枚だけ持ち...


こちらの記事もおすすめ!