社会・民間保険

自動車保険の補償内容は”自己犠牲型”にするのがおすすめ【コスパの高い選び方】

すこし前にオカマを掘られてから、「もしも自分が加害者になったら…」と思うことがあります。

自動車保険は大切ですよね。

下手したら、数億円の賠償なので。

 

とはいっても、保険をガチガチにかけるとコストが上がって、金銭的に苦しいのも事実。

というわけで今回は、”自分への補償”を見直して保険のコスパを上げる方法を考えてみます。

  • 他人への補償は最大限
    →他人にしっかり賠償
    →自分も破産から守る
  • 自分への補償は最低限
    →自分はすこし妥協
    →でも、コスパがいい

補償範囲や用語の定義などは、保険会社によって異なることがあります。契約の前には、それぞれの約款を確認するのが無難です。

自動車保険の補償内容は”自己犠牲型”にするのがおすすめ【コスパの高い選び方】

参考までに、下記が私の補償内容です。

他人への補償はマックス。

自分への補償はミニマム。

【他人への補償】
→対人賠償保険 – 無制限
→対物賠償保険 – 無制限
→人身傷害補償保険 – 3,000万

【自分への補償】
→車両保険 – なし

 

対人賠償保険 – 無制限

対人賠償保険は、他人の命をうばったりケガをさせたりしたときの保険。

これは無制限です。

賠償金が数億円になるかもしれないので。

→過去の判例 最高額は5億

 

対物賠償保険 – 無制限

対物賠償保険は、他人の”もの”を壊したときの保険です。

同じく、無制限。

賠償金が数億になる可能性があります。

 

人身傷害補償保険 – 3,000万円

人身傷害補償保険は、こちらの車に乗る人が死亡したり、ケガをしたりしたときの保険。

3,000万以上です。

 

自分がケガをしたときも補償されますが、この記事では「他人への補償」と位置づけました。

同乗者がいるので。

強制加入の自賠責保険が別にあるので、3,000万くらいが妥当なラインかと。

人身傷害補償保険は、医療費などが確定してから支払われます。すぐにお金が必要な方は、お好みで搭乗者傷害保険をつけてください。

 

車両保険 – なし

車両保険は、自分の車が故障したときの保険です。

「なし」です。

自分の車が壊れても、困るのは自分だけなので。

 

ある程度の貯蓄があるなら、車両保険ではなく貯蓄でまかなうのはアリですよ。

車両保険が、コスパを上げる最重要ポイントです。

自分の場合は、車両保険のありなしで2倍くらいちがいます(左があり、右がなし)

 

スポンサーリンク

自動車保険は会社によってもコストがちがう

というわけで、サクッとこんな感じにすると、コスパのいい保険になるかと。

他人にやさしく、自分にきびしく。

【他人への補償】
→対人賠償保険 – 無制限
→対物賠償保険 – 無制限
→人身傷害補償保険 – 3,000万

【自分への補償】
→車両保険 – なし

 

私の場合は、人身傷害補償保険をけずると更にコスパが上がるかも。

どうせ、隣に乗ってくれる女の子がいないので。

 

いずれにしろ、いろんなところで見積もりをとるのがいいですよ。

ダイレクト型の中でも、けっこう差はあります。

 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ!