ただの雑記

コーヒーメーカーは臭くて汚くてかなり面倒なので紙パックに原点回帰しました【感想】

コーヒーメーカーを買いました。

しばらく使いました。

そして、使わなくなりました。

 

下記がその理由です。

個人的に、“3K”と呼んでます。

  • 注ぎ口がなんか臭い
    →K:くさい
  • コーヒーもれが汚い
    →K:きたない
  • 片付けがかなり面倒
    →K:かなり面倒

コーヒーメーカーは臭くて汚くてかなり面倒なので紙パックに原点回帰しました【感想】

購入したのは、ドルチェグストというコーヒーメーカーです。

本体は、シリーズで一番安いやつ。

専用カプセルの中にコーヒーやら紅茶やらの素が入っていて、本体に取り付け、スイッチONする感じ。

注ぎ口がなんか臭い

買ってしばらくは問題なかったのですが、だんだん臭くなってきました。

濡れたフキンを放置した感じ。

で、原因を探るべくコーヒーメーカーを嗅ぎまわしたところ、下画像のパーツが容疑者であることを突き止めました。

 

注ぎ口

カプセルを入れて、コーヒーが出るところ。

まったく洗わなかったのがダメだったのかなと思い、洗剤で洗ったところ、匂いはなくなりました。

 

数日後。

また臭くなりました。

しかも、なかなかのレベルで。

放置した自分にも非がありますが、この匂いが口に移ったら大変ですよ。

女の子にキスできない。

まあ、する機会ないんですけど。

 

コーヒーもれが汚い

注ぎ口を洗っても「なんかまだ臭いな~」と思っていたら、台が一面ビシャビシャになっていました。

コーヒープール。

画像はイメージ(水)です。

 

「壁紙ダサッ…!」とか思ったやつ。

ほっとけ。

 

で、「どこからやねん」って探ってみると、コップを置く受け口(?)でした。

たまるスピードが異様に速い。

ひどいときだと、6~8杯くらいでナミナミしだすので、常に気が抜けないのがツラいところ。

 

片付けがかなり面倒

そんなこんなで、コーヒーメーカーを買ったのに洗い物が増えるという、意味わからんことになりました。

3日くらいは、漏れないんだけどね。

臭くなるので、洗わないといけない。

 

毎日のTODOリストに、下記が加わりました。

  • 受け口の水位チェック
  • 注ぎ口を洗う(防臭)
  • 受け口を洗う(水漏れ防止)

 

油断してサボると、コーヒー漏れでもっと大変なことになります。

コーヒーを注ぐとき、ちょっとはねるしね。

台も、定期的にふかないといけないです。

 

スポンサーリンク

おすすめのコーヒーメーカー!

まあ、美味しいのは間違いないんですけどね。

「美味しい」と「面倒くさい」を比べたとき、自分にとっては後者の方が大きかった。

ということで、紙パックのコーヒーに原点回帰します。

 

もし買うなら、最高級のコーヒーマシンを買った方がいいかもしれませんよ。

おすすめの商品、はっときますね。

20万円オーバーですが、評価めっちゃ高いのでけっこういいと思います(知らんけど)

 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ!