投資信託

計算ゼロでリバランスできるエクセルのツールを作ってみた

最近、投資信託のリバランスがめんどくせー!!ってなっている管理人ですが、みなさんはいかがでしょうか。

5本くらいのインデックスファンドに収まっているなら、まだマシかもしれませんけどね。

NISA口座とiDeCo口座を併用すると、ファンドの種類が倍増するケースもあるし、ロボアドやバランスファンドにも手を出していたら…、それはもう大変です。

まあ、私のことなんですが。

 

というわけで今回は、めちゃくちゃ簡単にリバランスできる自作のエクセルツールを紹介します。

おもな特徴はこんな感じ。

  • なにも計算する必要がない
  • ファンドの本数が増えてもOK
  • バランスファンドにも対応

 

リバランスに必要なお金を自動計算

このツールの使い方としては、ごく一般的なツールとまったく同じで以下のような流れになります。

  1. ファンドの評価額などを入力する
  2. 自動で計算される
  3. リバランスの金額が表示される

 

①入力のところから説明してもイメージしにくいと思うので、③表示のところから説明しますね。

計算結果はこんな感じで表示されます。

 

左にある”アセットクラス”は、これを読んでいる方ならもうご存知かと思います。

各ファンドの分類みたいなもので、あとで説明する①入力の方でメンテナンスできます。

 

その次の”目標”には、デフォルトのアセットバランスをパーセンテージで入力してください。(合計が100%にならなければ、黄色くなって警告表示されます)

そうすると、同じ青枠にある”評価額”が自動で計算されます。

つまり、ここに表示されるのが、本来あるべきアセットアロケーションの姿となります。

 

真ん中にある”現在”には、その名のとおり現在のアセットバランスと評価額が表示されます。

最後の”リバランス”には、”現在”のバランスを”目標”にもどすために、なにをどのくらい売買すればいいかが表示されます。

つまり、リバランスに必要なお金ですね。

 

ちなみに、アセットバランスがどのくらい崩れているかは、円グラフでも確認できるようにしました。

内側が”目標”、外側が”現在”です。

このツールでは入力していいところはすべてクリーム色になっていて、それ以外のところは数式が入っているので触ったらダメです。

ひとつ目の画像でいうと、左から二列目のバランスだけ入力OKです。

 

スポンサーリンク


自動計算に必要なデータを入力

リバランスの計算をするためには、以下のようなエリアにファンドの情報を入力します。

「うわっ…」て引いた方がいるかもしれませんが、見た目ほどむずかしくありませんよ!

 

やることは、ひとつのファンドを1行として、以下のデータを左から順番に入力するだけです。

  • 銘柄 :ファンドなどの名前
  • 評価額:現在の評価額
  • 配分 :ファンドの投資対象

 

銘柄と評価額は、証券会社のWEBサイトなどでしらべてコピーするだけですね。

ちょっとトリッキーな見た目になっているのは、”配分”のところ。

 

各ファンドの投資対象を入力したらいいので、日経平均インデックスなら国内株式100%、新興国債券インデックスなら新興国債券100%…のように入力します。

バランスファンドなら、国内株式に20%、海外株式に30%…といった感じで、合計が100%になるようにします。

ちなみに、上の方にあるアセットクラス(国内債券、国内株式など)は、みなさんの好きなように変更していただいて大丈夫です。

以上!

 

リバランスツールのダウンロード

説明の順番がごっちゃになったので、きれいにまとめておきますね!

 

①入力エリアにある”アセットクラス”を自分好みにカスタマイズします。

国内債券、国内株式などを想定していますが、べつに仮想通貨などでもオッケーです。

 

②保有しているファンドなどの評価額を調べて、入力エリアの明細部に入力します。

配分は合計が100%になるよう注意してください。

 

③表示エリアの計算結果を確認します。

リバランスに必要な金額と円グラフが更新されているはずです。

 

アセットクラスは10個まで設定できますが、あまりが出ると円グラフの文字がかさなって見にくくなります。

使わないアセットクラスは、グラフのフィルターにあるチェックをはずすことで、その問題を解消できます。

 

以下のリンクをクリックすると、リバランスツールをダウンロードできます。

→リバランスツール

→リバランスツール(サンプルデータつき)

スポンサーリンク