資格

【独学でOK!】FP2級に合格するためのロードマップを解説します(勉強法や勉強時間など)

これからFP2級を受験する方に向けて、最短で合格するためのロードマップを紹介します。

勉強法やスケジュールなど。

実際に自分がFP2級に合格して、「こうするべきだった!」という反省点を盛り込んでいます。

 

すでにFP3級に合格した方が多いと思うので、(1)同じような対策でいいのか、(2)別のやり方がいいのか…。

そんな観点で書きます。

 

下記の方を対象とした記事です。

  • FP2級に独学で合格したい!
  • 効率的な勉強法を知りたい!
  • 勉強のスケジュールを立てたい!

「ほんとうにFP2級に合格してるの!?」って方もいるはずなので、念のために証拠をのせておきます。

【独学でOK!】FP2級に合格するためのロードマップを解説します(勉強法や勉強時間など)

FP3級はわりとやさしい試験でしたが、FP2級になると難易度がグンと上がります

私の実感としては、2倍くらい。

FP2級の難易度については、下記のページで詳しく解説しています。

FP2級の難易度を3級との違いから分析してみた!【正直、難しい】「FP2級を受けるんだけど、どれくらい難しいんだろう…?」 そんな疑問にお答えします。 結論からいうと、3級の2倍くらい。 ...

 

とはいっても、まだまだ独学でなんとかなるレベルなので、通信教育などはいらないです。

実際、私もなんとかなりました。

勉強法も、FP3級とまったく同じ。

ただし、難易度が2倍になるので、勉強時間やスケジュールも2倍にするのが無難です。

 

勉強法は5つのステップで

私の実体験をふまえた上で、下記①~⑤のステップで勉強するのがベストだと考えています。

①~②がインプット(知識を入れる)

③~⑤がアウトプット(問題を解く)

力の入れどころは、①~②インプットに20%、③~⑤アウトプットに80%くらい。

  1. 勉強サイトの動画講義
    →1回だけ
  2. テキストをざっくり読む
    →1回だけ
  3. 過去問道場を繰り返す(学科)
    →正答率80%クリアまで
  4. 過去問道場を繰り返す(実技)
    →正答率80%クリアまで
  5. 過去問でリハーサル
    →3回

 

FP2級のテキストは500ページを超えるので、最初からやるにはハードルが高すぎます。

動画の方が、すんなり頭に入りますよ。

YouTubeで、無料の動画があります。

 

過去問対策については、過去問道場というアプリを繰り返すだけでOK。

FP3級を受けた方には、お馴染みかも。

 

勉強時間とスケジュール

「①勉強サイトの動画講義」~「⑤過去問でリハーサル」をスケジュールにしたものが、下記です。

時間は、あくまで目安です。

自分の場合、FP3級では80時間かかりましたが、FP2級では倍の160時間かかりました。

 

ほかの試験勉強でも同じことが言えますが、①~②のインプットをだらだらと延ばさないことがポイント。

効率がわるいです。

①~②のインプットはサクッと流して、③~⑤のアウトプットで肉付けすると、スムーズです。

 

スポンサーリンク

FP2級勉強法の各ステップを解説

上記①~⑤のステップについて、それぞれ詳しく解説していきます。

各ステップには、目標があります。

目標を達成したらそれ以上のことはせず、次のステップに進んでください(完ぺき主義は効率が落ちます)

 

①勉強サイトの動画講義

【目標】試験の範囲を知る
【時間】24時間
【注意】暗記しない

まずは、「お金の寺子屋」というサイトに動画講義があるので、ひととおり視聴します。

すべて無料で公開されています。

試験の範囲だけ把握することを目指して、暗記などは後回し。

→お金の寺子屋 FP2級無料講座

 

中には3分程度の短い動画もありますが、合計で約150本、20時間を超えます。

長いですね。

とはいえ、最初からテキストはもっとキツイので、準備体操がてら動画からはじめる方がいいです。

 

②テキストをざっくり読む

【目標】どこに何が書いてあるか確認する
【時間】6時間
【注意】暗記しない

テキストをざっくり読んで、どこに何が書いてあるか把握していきます。

暗記はまだ。

「このへんには社会保険、あのへんには不動産…」みたいなレベルでOK。

 

FP2級の科目は、FP3級とまったく同じ(下記6つ)

1科目で1時間、合計6時間を目安にしてください。

  1. ライフプランニングと資金計画
  2. リスク管理
  3. 金融資産運用
  4. タックスプランニング
  5. 不動産
  6. 相続・事業承継

 

テキストの太字や赤文字のところだけチェックして、どんどん進めていきます。

完ぺき主義はNG。

重箱の隅をつつくようなルールを覚えても、役に立たない可能性が高いです(体験済み)

テキストについては、Amazonに出てくる有名なものであれば、なんでもOKです。

過去問対策にはアプリを使うので、問題集は不要。

 

③過去問道場を繰り返す(学科)

【目標】正答率80%
【時間】60時間

過去問の対策は、以下のアプリを使います。

→FP2級ドットコム 過去問道場(学科)

 

見た目はこんな感じ。

過去の試験に出た問題がまとめられていて、ていねいな解説もついています。

 

おそらく、最初のうちは正答率がかなり低いですが、落ち込まないでください。

それが普通なので。

間違ったら、テキストで復習。

数をこなすうちに、じわじわと正答率が上がっていきます。

 

本番の試験では、正答率60%が合格ラインです。

でも、ギリギリだと不安ですよね。

正答率80%くらいになるまで繰り返すと、落ちついて本番にのぞめるはずです。

 

④過去問道場を繰り返す(実技)

【目標】正答率80%
【時間】60時間

過去問道場の実技バージョンを使います。

→FP2級ドットコム 過去問道場(実技)

 

使い方は、学科バージョンとまったく同じです。

間違ったら、復習。

正答率80%が目標。

 

自分の感想としては、学科よりも実技の方が難易度が上がっています(FP3級比)

とくに、下記のような計算問題。

  • 債券の利回り計算
  • 各種保険金の計算
  • 遺産相続の計算

 

おそらく、(1)問題を解く → (2)間違う → (3)テキストで復習 → (1)問題を解く… といった繰り返しになります。

めげずに続けてください。

そのうち、合格ラインに乗ります。

 

⑤過去問でリハーサル

【目標】試験本番の出題形式になれる
【時間】4時間

本番の試験でも、過去問道場とほとんど同じ形式で問題が出題されます。

ただし、紙ベースで。

すこし勝手がちがうので、実際の過去問で仕上げると安心です。

 

本番に近い環境に慣れるだけです。

以下がチェック項目。

  • 紙ベースでも解けるか
  • 時間配分に問題はないか

 

FP2級の試験時間は、学科が2時間、実技が1.5時間となっています。

実技は計算があるので、ギリギリになりがち。

回答の見直しをする時間もほしいので、すこし余裕があるくらいがベスト。

 

過去問は以下のページからダウンロードできます。

→日本FP協会 FP技能検定 試験問題・模範解答
→金融財政事情研究会 FP技能検定 試験問題
→金融財政事情研究会 FP技能検定 模範解答

 

まとめ:FP2級の勉強法

というわけで、今回の内容をざっくりまとめると、下記のようになります。

FP3級よりも、手こずります。

でも、がんばったら必ず合格できますよ!

  • FP2級の勉強は5つのステップで
    1. 勉強サイトの動画講義
    2. テキストをざっくり読む
    3. 過去問道場を繰り返す(学科)
    4. 過去問道場を繰り返す(実技)
    5. 過去問でリハーサル
  • 勉強時間の目安は160H
  • インプットは軽め、過去問を重視

 

スポンサーリンク