ふるさと納税

【断言】ふるさと納税で節約効果が高い返礼品は「お米」です

ふるさと納税って、どんな返礼品を選んだらいいのか毎回まよいますよね。

選択肢が多すぎるんですよ。

自治体の数がすごい上に、それぞれがいろんな返礼品を出してますから。

 

というわけで今回は、“ふるさと納税でもっとも節約できるのはお米”というテーマで書いていきます。

読み終わるころには、おそらく選択肢がお米一択になっています。

 

以下の方が対象。

  • ふるさと納税で節約したい
  • 返礼品をサクッと選びたい
  • おすすめの返礼品を知りたい

 

ふるさと納税で節約効果が高い返礼品は「お米」

返礼品を選ぶときのポイントは、“ふるさと納税がなくても買うものかどうか”です。

答えがYESなら節約効果が高い、NOなら浪費。

浪費するなら現金の方がコスパがいいっていうのもありますね(これは次の項で)

 

ふるさと納税の節約効果

たとえば、年収300万円の人がいた場合、ふるさと納税の上限は3万円くらいになりますよね。

返礼品の価値は3割なので、ざっくり1万円。

自己負担額の2千円をひくと、だいたい8千円お得になる計算です。

 

言いかえるなら、”たった2千円で1万円分の買いものができる商品券”みたいなものですね。

「この商品券をどのように活用するか」

これが論点です。

 

節約と浪費の分かれ目

まずは、この商品券を“将来的に必ず買うもの”に使った場合。

日本人でいえば「お米」ですね。

返礼品として1万円分のお米をもらえるので、当然ながらその分はもう買う必要がなくなります。

自己負担は2千円なので、8千円の節約。

 

つぎに、商品券がなければ“買わなかったであろうもの”に使った場合。

乗馬体験とか。

将来的な支出が減ることもないし、ただの衝動買いみたいなものです。

つまり、自己負担が2千円の浪費。

 

もともと計画していた温泉旅行が運よく返礼品であった…とかなら賛成なんですけどね。

それ以外なら、お得感のあるただの浪費である可能性が濃厚です。

 


ふるさと納税よりも現金の方がコスパがいい

そもそも、ぜいたくするときはふるさと納税ではなく、堂々と現金を使った方がコスパがいいです。

言うまでもなく、現金の方が選択肢が多いし、なにかと融通が効くので。

 

ふるさと納税でぜいたくした場合

たとえば、由布院温泉に行きたいと仮定して、さとふるで検索してみました。

ヒットしたのは、2件だけ。

しかも1件は受付期間外。

 

旅行の予算(返礼品の価値)はどちらも8万円くらいだし、ホテルも指定されていて、自由度がないですね。

宿泊券を発送してから6ヵ月まで…っていう期限もあるみたいです。

 

現金でぜいたくした場合

それなら8万円の現金を使って、好きなようにカスタマイズした方がいいと思いませんか?

ふるさと納税よりもメリットは多いですよ。

  • 予算を調整できる
  • 好きな宿を選べる
  • 食事のコースなども…etc

 

それから、ふるさと納税よりも現金の方が”重み”があることもポイントですね。

ふるさと納税なら衝動的にポチってしまうかもですが、現金ならちょっとためらうはず。

まよった結果、それでも行くならそれだけ価値があるのだろうし、行かないなら節約できてラッキーです。

無理していっても、どうせ楽しくないですよ。

 

とりあえず返礼品はお米にして節約

というわけで、今回の内容をまとめると以下のようになります。

  • 返礼品はお米がおすすめ
  • お米以外は浪費かも?
  • ぜいたくするなら現金で

 

とりあえずお米でしっかり節約して、浮いたお金の使い道はあとでじっくり考える…。

わけのわからん返礼品を選ぶことがなくなるし、そんな感じがいいと思いますよ。