貯まる思考

ジム通いはお金の無駄?続けるかやめるか判断する方法を紹介します

「ジム通いって、お金の無駄なのかな…?」

「このまま続けるべきか迷ってる…!」

そんな方に向けた記事です。

 

判断の基準は、”わるい意味で”ジム通いを正当化しているかどうか…です。

YESなら、お金がもったいないかも。

実体験とともに、解説します。

  • 続けた方がいい人
  • やめた方がいい人
  • 続けるかどうかの決め方

ジム通いはお金の無駄?続けるかやめるか判断する方法を紹介します

ちなみに自分は、ジムに1年ほど通いました。

最終的には、やめました。

“自己投資”という言葉を都合よく使って、惰性で続けていることに気づいたからです。

 

続けた方がいい人

「〇〇になりたい!」、「〇〇をしたい!」といった前向きな動機がある場合は、続けた方がいいです。

“いい意味”での自己投資なので。

 

自分の場合は、「座骨神経痛を治したい!」という動機でジムをはじめました。

腰が痛かったのです。

まだ20代なのに…。

 

1ヵ月目は、ざっくり5万円を使いました。

自己投資です。

  • パーソナルトレーナー
    →40,000円
  • 月額料金
    →6,000円
  • その他、交通費など
貯金がほとんどないことには触れないでください…(´;ω;`)

 

正直なところ、「ちょっと使いすぎたな…」とは思います。

ただし、動機はポジティブでした。

“腰痛の解消”という可能性があって、それにかけたわけですから。

 

やめた方がいい人

反対に、「〇〇だから…」といった後ろ向きな動機なら、やめた方がいいです。

“わるい意味”での正当化です。

 

自分はしばらく通った結果、筋トレでは腰痛を解消できないことがわかりました。

週3で通って、食べる量も増加。

筋肉がついて、体重も8kg増加。

それなのに、腰痛は以前とまったく変わらず…。

 

目的を達成できないことがわかった、その段階でジム通いをやめるべきだったのですが、惰性で続けちゃいました

自分を正当化して。

  • お風呂代を節約できるから…
  • 自己投資だから…
  • 身体にいいはずだから…

 

スポンサーリンク

ジム通いを続けるかやめるかの決め方

結局のところ、ジムに通う理由が“前向きか後ろ向きか”が判断基準です。

「〇〇になりたい!」
→前向きなので続ける

「〇〇だから…」
→後ろ向きなのでやめる

 

この違い、うまく伝えられないけど、なんとなく分かってもらえるのではないでしょうか…。

みなさんは、どちらですか?

 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ!