節約法

独身ひとり暮らしの生活費内訳と費目ごとの節約方法を共有します!毎月10万円も可能

「ひとり暮らしなんだけど、ほかの人たちの生活費はいくらなのかな…?」

「なんとなく過ごしてきたけど、生活費を見直したい」

この記事は、そんな方に向けて書いています。

 

そういう自分もひとり暮らしで、以前は同じような悩みを持っていました。

基本的に、収入は生活費で跡形もなく消滅。

いまでは、生活費を見直すことで、人並みに貯金できるようになりました。

 

というわけで今回は、自分の実体験をもとに、下記について書いていきます。

なにかの参考にしてください。

  • 生活費の内訳を共有
  • 費目ごとの節約方法
  • 簡単に削れる費目とは?

ひとり暮らしの生活費内訳と費目ごとの節約方法を共有します!毎月10万円も可能

ちなみに、自分の生活費は毎月およそ12万です。

そのうち、奨学金の返済が2万。

返済などの事情がない方は、月10万でも生活できるはずです。

 

前提条件を書くので、参考になりそうなところだけ読んでください。

  • 地方在住
  • 独身
  • 男性
  • アラサー(30歳)

 

住居費 34,680円

賃貸のアパートに住んでいます。

毎月の手取り(ボーナス除く)の20%を目安にしています。

  • 家賃34,680円
  • 築20年以上
  • 1DK
  • 駐車場つき

 

不動産屋は「手取りの30%くらいがいいですよ~♪」と言ってきますが、あまり信用しない方がいいです。

「こいつを破産させない範囲で、安全に搾取してやる…!」

被害妄想かもしれませんが、悪質な会社はそんなことを考えている気がします。

 

ちなみに、以前住んでいた賃貸は手取りの35%でした。

案の定、キツかったです。

「いまの家賃、ちょっと高いんだよね…」という方は、引っ越しを検討するのがいいかもしれません。

 

生活レベルを下げるのは気が向かないですが、慣れるとそこまで苦ではないですよ。

下記のページにて、体験談を共有しています。

生活レベルを下げる必要性とそのコツを経験者が共有します【芋づる式の節約方法】「家計が苦しいんだけど、生活レベルを下げた方がいいのかな…?」 「どうやって下げたらいいの?」 そんな方に向けた記事です。 ...

 

スマホ 2,000円

ドコモなどの三大キャリアではなく、格安スマホを契約しています。

  • 月額2,000円前後
  • ネット使い放題
  • 通信速度は中速

 

格安スマホは、節約においては鉄板です。

下記に該当する方は、検討する価値あり。

  • 対面サポートはいらない
  • 家ではWiFiを使える
  • ヘビーユーザーではない

 

自分が使っている格安スマホは、下記のページで詳しく解説しています。

通信速度は妥協していますが、リーズナブルです。

スマホ料金を中速使い放題で月額2000円にした節約方法を共有します「スマホ料金を節約したいんだけど、どうすればいいの…?」 「やっぱり格安スマホの方がいいのかな…?」 この記事は、そんな方に...

 

インターネット 3,600円

光回線ではなく、WiMAXというモバイルWiFiを使っています。

通信速度や安定性が不安でしたが、大丈夫でした。

  • 引っ越しの工事が不要
  • 月額料金が低い
  • 通信性能は十分いい

 

WiMAXに変える決め手となったのは、引っ越しに伴う工事費用や待ちの期間がないことでした。

その一方で、3日間で10GBまで…という通信制限もあります。

もっとも、自分は4K画質の動画はみないし、オンラインゲームをするわけでもないので、とくに不満はありません。

 

「動画はぼちぼちの画質で、あとはネットサーフィンくらい…」という方は、光回線 → モバイルWiFIにするのもアリです。

下記のページにて、メリットとデメリットを共有しています。

光回線からWiMAXに乗り換えない理由がない理由【一人暮らしで比較】「WiMAXと光回線だったら、どっちの方がいいのかな…?」っていう疑問にお答えします。 下記にあてはまる方は、WiMAXにしましょ...

 

保険 0円

生命保険や医療保険をふくめて、保険にはまったく入っていません。

独身なので、社会保険で十分だと考えています。

 

食品 18,000円

外食はほとんどせず、自炊で18,000円ほど。

これといって、話すことはありません。

強いていうなら、セルフバックという制度でお得に食品を買っているくらいです。

【セルフバックとは?】いつもの買い物でキャッシュバックが使える裏技を解説します!「簡単に節約できる方法、ないのかな~…」 「〇〇を買うんだけど、お得な買い方はある?」 そんな方に向けた記事です。 ...

 

日用品 2,800円

ミニマリストほどではないですが、家具や家電をふくめて、ものを減らす努力をしています。

ものを減らすと、下記のメリットがあります。

  • 買い替え費用がかからない
  • 維持費を節約できる
  • 部屋が広くなる

 

節約できるのは、日用品費だけではありません。

それにかかる水道光熱費も下がります。

 

「あれもこれも節約するのは大変…!」という方は、とりあえず”ものを減らす”のがシンプルですよ。

全体的なコストダウンにつながります。

この考え方については、下記のページでも詳しく解説しているので、読んでみてください。

変動費を節約する方法はものを捨てるだけ【ミニマリスト的節約術】固定費の減らし方はわかるけど、変動費ってどうやって減らせばいいのかな…? この記事は、そんな疑問を持っている方向けです。 ...

 

電気 4,700円

雪が降る地域に住んでいるので、冬場は8000円を上回ります。

一年を通すと、平均で4,700円。

意識的に節約していませんが、電力自由化などを今後ためしたいなと考えています。

 

水道 2,800円

水道は、基本料金の2,800円のみ。

これといって、話すことはありません。

 

ガス 4,200円

格安アパートに住んでいる人にとって、ガス代はわりと深刻な問題です。

プロパンガスの物件が多く、かなり高い。

引っ越すときは物件をいくらか比較して、同じ価格帯であれば都市ガスを選ぶ方がいいと思います。

 

教養 8,040円

自己投資は、平均で8,000円ほど。

「自己投資だから…」という建前をつくれるので、人によっては高くなりがちな費目です。

 

自分は以前ジムに通っていましたが、自己投資ではなく浪費であることに気づいて、解約しました。

第三者の視点で「これって自己投資?それとも浪費?」と冷静に考えると、節約につながるはずです。

この考え方については、下記のページで解説しています。

ジム通いはお金の無駄?続けるかやめるか判断する方法を紹介します「ジム通いって、お金の無駄なのかな…?」 「このまま続けるべきか迷ってる…!」 そんな方に向けた記事です。 判...

 

理美容 2,200円

1ヵ月半ごとに散髪します。

これといって、話すことはありません。

 

交通費 3,200円

通勤などに使うガソリン代で、平均3,200円。

これといって、話すことはありません。

 

交際・娯楽費 2,800円

交際娯楽費は、2,800円。

年齢のわりに、低めです。

友達がすくないだけです。

 

医療費 850円

歯医者や持病の腰痛など。

これといって、話すことはありません。

 

特別費 20000円

イレギュラーに発生するお金は、特別費としてまとめて管理しています。

平均すると、2万くらい。

車検費用や甥っ子にあげるお年玉などです。

 

返済(奨学金) 18,940円

大学の学費を奨学金でまかなったので、それをコツコツ返済しています。

毎月19,000円ほど。

借金の返済などがない方は、この分だけ節約するか、ほかのことに使えます。

 

スポンサーリンク

ひとり暮らしの生活費を節約する手順

というわけで、上記をすべて合わせると毎月12万ほど。

収入はざっくり20万なので、毎月8万の貯金です。

 

自分の実体験としては、下記の順番で節約するのがおすすめ。

  1. 住居費
    →引っ越し
  2. スマホ
    →料金プランの見直し
    →格安スマホの契約
  3. インターネット
    →モバイルWiFI
  4. 電気代
    →電力自由化
  5. その他

 

節約を”がんばり続ける”のはやはりストレスになるし、リバウンドする傾向があります。

一回だけ見直せば、ずっと効果がつづく。

そんな費目から節約していくと、ストレスなくすんなり生活が楽になるはずです。

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ!