不登校

【実体験】不登校の子どもからゲームを取り上げるのはOKです

「不登校の子どもがゲームばかりしてるんだけど、取り上げた方がいいのかな…?」

そんな疑問にお答えします。

 

ちなみに私は、中学校の3年間ほぼ学校に行かず、ひたすらゲームにいそしんでいました。

中堅クラスの不登校です。

そんな私の意見としては、「ゲームは取り上げてOK!」

 

以下の方に向けて書きます。

  • 不登校の子どもがゲーム三昧
  • ゲームの依存症なのか心配
  • ゲームを取り上げるか迷っている

 

不登校の子どもからゲームを取り上げるのはOKです

「不登校の子どもからゲームを取り上げたら、ますます閉じこもってしまうのでは?」

おそらく、心配なのはそこらへんではないでしょうか。

でも、冒頭で述べたとおり、ゲームを取り上げるのは選択肢としてアリです。

 

ゲームをやめた方がいいと自覚している

不登校の子どもでも、ゲームのやりすぎがよくないことは自覚しています。

すくなくとも、私はそうでした。

 

“一般的には”ゲームはただの娯楽であって、将来の糧になることはないですから。

勉強や運動をがんばった方がいいですよね。

当時の私は、こんなことを考えていました。

【勉強】
1. いろんな知識が身につく

2. その手の仕事ができる

3. 将来の選択肢が増える

【運動】
1. 身体能力が上がる

2. その手の仕事ができる

3. 将来の選択肢が増える

【ゲーム】
1. キャラのレベルが上がる

2. 将来の選択肢は増える…?

 

ちなみに、私が不登校だったころにやっていたのは、メイプルストーリーっていうオンラインゲーム。

1日8時間以上やってました。

親の目をぬすんでね。

 

で、それによって今なにができるかっていうと、ブログでこの記事を書くことくらいですよ。

ほかには何もない。

そのゲームはもうオワコンなので、データが残っていてもなんの価値もありません。

 

でも自分をコントロールできない

「じゃあ、やめればいいじゃん」って話なんだけど、ゲームにはまり過ぎると、やめたくてもやめれないわけです。

“ゲーム依存”とか”ゲーム中毒”っていう言葉があるくらいですから。

 

とくに不登校の子ども。

ほぼ家から出ないケースだと、ゲーム依存症になりやすい環境としては最上級です。

 

不登校だったころの私も、以下のような心境でしたしね。

もはやドラッグ。

  1. ゲームをしても意味がない
  2. なので、ゲームをやめたい
  3. だけど、やめられない

 

まあ、”ゲームやりすぎっ子はゲームをやめたいのが本音”というのは私の持論ですが。

でも、間違ってはいないと思います。

 

なので、親の権力をもってゲームを取り上げるのはアリというのが私の考え。

というか、自分の場合は「だれかゲームを取り上げてくれ!」っていうレベルでしたから。

意志のよわい人間なので。

 


不登校からゲームを取り上げたらダメなとき

とはいえ、ゲームを取り上げるのが常に正解か?というと、そうではありません。

趣味として1~2時間するのは健全ですよね。

ストレス解消にもなるし。

 

それから、“ゲームはただの娯楽”と先ほど書きましたが、それはあくまで一般的なケース。

まだ普通とは言えないけど、ゲームで生活している人はいますしね。

たとえば、以下の方々。

  • ゲーム実況
  • eスポーツ
  • プロゲーマー

 

テトリスで有名な「あめみやたいよう」さんとかは、たまに動画を観ることがあります。

世界一らしいですよ。

 

判断基準はゲームに関連する夢があるか

なにが言いたいかというと、ゲームに関連する夢や目標があるかがポイントではないか…ということ。

以下のとおり。

  • ゲームに関係する夢が”ある”
    →要検討
  • ゲームに関係する夢が”ない”
    →取り上げた方がいい

 

ポジティブな理由があるのにゲームを取り上げるのは、微妙な感じがします。

子どもの才能をつぶすことになるかも。

 

でも、娯楽としてのゲームが”やりすぎの域”に達しているなら、それは危ない気がしますね。

取り上げた方がいいと思います。