ふみあきのこと

不登校だった私に対する親の対応が神だった話

不登校のお子さんをお持ちの方は、ほんとうに悩ましい日々を送っていることと思います。

もっとも、私は悩まされる側の親ではなくて、悩ませる側の子供でしたが…。

 

私が不登校だったのは中学生のとき。

ほとんど学校に行っていなかったけど、親の神対応によって無事に立ち直ることができました。

 

というわけで今回は、不登校のお子さんに悩んでいる方にむけて、以下のことをお話しします。

  • 不登校だった私が自立するまでの話
  • 不登校だった私に対する親の対応
  • 不登校の子供を立ち直らせるには?

堂々と人に話せることではないけど、なにかの参考になれば…と思います!

 

不登校だった私が自立するまでの話

茶色の校舎

私が不登校だったのは、中学一年の夏から卒業までのおよそ3年間。

その当時までさかのぼって、

  • 不登校になった原因
  • 私に対する親の対応
  • 立ち直ったきっかけ

などを振り返りたいと思います。

みなさんのお子さんとかさね合わせて、読んでみてくださいね!

 

中学生:不登校になる

中学校がはじまってから、最初のころは普通に学校に行っていました

勉強もそこそこ、部活もそこそこ。

平凡の極み、普通の権化と自称できるくらい、ノーマルな生徒だったんですよ!

 

学校を休みだしたのは、夏休みが終わったころでした。

その原因は、人間関係のいざこざから来るストレス。

子供なのに「人間関係」っていう言葉をチョイスするのは変だけど、他に表現しようがないので仕方がありません(笑)

厳密にいうと、人間関係のストレスから起こる「自律神経失調症」という病気が原因でした

 

最初のころは症状が軽くて、ポツポツと休むくらいだったんですけどね。

休んでいるうちに、どんどん悪循環にはまっていったわけです。

  1. 人間関係が悪くなる
  2. ストレスが増える
  3. 病気の症状が強くなる
  4. 休む日が増える(①に戻る)

 

ほどなくして、完全な不登校になってしまいました。

そのとき悩んでいた人間関係も、今から思うと大したことではなかったりするんですけどね。

まだ幼かった私にとっては、それなりに苦しい問題だったのです。

この時点では、将来のことはほとんど考えていませんでした

 

高校生:不登校から立ち直る

卒業の日

中学校にはほとんど行っていなかったけど、義務教育の仕組みがそうなっているのか、なぜか卒業できました。

そうはいっても、国語や数学などの勉強は大の苦手!

そこで、よくある通信制の高校に進学することになります。

 

通信制とはいっても、普通に通学できるタイプの高校だったんですけどね。

完全なひきこもり生活から、以下のような生活に変わりました。

  • 学校にいるのは1日2時間くらい
  • 家ではほとんどゲーム
  • バイトなどはしない

「ほとんど不登校じゃねーか!」っていうツッコミがあるかも(笑)

 

そんな感じの日々を送っていたわけですが、ものすごくイヤなことがひとつあったんです。

それは、親からおこづかいをもらうこと!

 

日本には「働かざるもの食うべからず」っていう考え方がありますよね。

子供の仕事といえば学校に行くこと。

そういう意味では、当時の私は「働かざるもの」だったわけで、そのことをちゃんと自覚していました。

 

とはいっても、やっぱりおこづかいは欲しい…。

ということで月に一回、親におこづかいをねだるのですが、そのときの空気がめちゃくちゃイヤだったのです。

今月のおこづかいが欲しいんだけど…

母上
母上

……あー、じゃあこれ(イヤそう)

 

学生の本文をサボっているのに、一丁前におこづかいをねだり続ける。

そんなことを繰り返しているうちに、私はあることに気づいてしまいます。

あれ?俺ってクズじゃね?(笑)

 

ほぼ不登校の状態から立ち直ったのは、そのときだったと記憶しています。

クズな自分から脱却するために、ゆっくりと行動をはじめました。

  • 自立に向けて勉強をはじめた
  • バイトでお金をかせいだ
  • 将来について考えはじめた

自分がかっこ悪いニートだと自覚したことで、すべてが好転しました!

 

大学生~社会人:自立する

高校を卒業するころには普通に学校に行っていたので、大学からの話はバッサリ省略します。

大まかに話すと、こんな感じでした。

  • 大学:奨学金を借りて海外留学
  • 就活:何社か受けて地元で就職
  • 現在:自立してぼちぼち生活

 

社会人になってからも紆余曲折があったけど、なんとか親元から離れて生活しています。

「働かざるものが食っていた」そのときの自分からは、完全に脱却したと言えるでしょう!

 

ちなみに、不登校の親御さんをターゲットとする留学ビジネスがあると思いますが、場所によっては微妙かな~と思います。

環境を変えることで回復するかもしれないけど、留学に行っても日本とそこまで違いがないこともあるんですよ。

そこらへんのことについては、下記の記事を読んでみてください。

【日本人の巣窟】語学留学に行っても英語が話せないリアルな理由語学留学に行ったら自然と英語が身につくと思っていませんか?実際には、英語が身につかないまま帰国するケースはたくさんあります。そういう人たちを直に見てきた私が、その理由を解説します。...

 


不登校の子供を立ち直らせるには?

家族みんなでテレビ

不登校のお子さんが立ち直るためには、なんらかのきっかけが必要だと思います。

私の持論ではありますが、そのきっかけを作るのは親ではなくて、子供たち自身なのではないかと…。

主導権は子供にあって、それを親がサポートするっていう考え方です。

 

子供にも焦りや危機感はある

私が思うに、不登校の子供にも「このままではいけない…!」っていう焦りはあるはずなんですよ。

こういう思考回路ですね。

  1. いつか親はいなくなる
  2. 自分で生きていくしかない
  3. 今のままではまずいかも?

 

ただし、それを頭ごなしに言っても、ナイーブな状態になっている子供の心には届かないわけで…。

「明日から学校に行け!」っていう短期決戦みたいなスタンスは、あまり上手くいかないと思います。

急がば回れの精神で、じっくり接していく方がいいのではないでしょうか。

私にもきつく言われたことがあったけど、立ち直るきっかけにはならなかったよ!

 

ちょっと居心地を悪くする

不登校だった私が立ち直るきっかけになったのは、やはりおこづかいをねだるときの「居心地の悪さ」でした。

けっこうイヤそうな反応が返ってきたので、「早くこの家から出たい!」っていう欲求は強くなりましたよ。

 

不登校の子供にやさしく接することも大事だと思うけど、それだけでは何も進展しないと思うんです。

居心地がいい家だと、自立しなければいけない理由はなかなか見つかりませんからね。

 

「不登校のお子さんをいじめろ」っていう意味ではありませんよ。

全体的には居心地のいい家庭だけど、ちょっとイヤなところもある…っていうレベルです。

具体的な例としては、こんな感じ。

  • 親がゲーム機を占領して、自分がゲームできない
  • スマホの容量制限がめっちゃキツい
  • おこづかいをねだると、煙たがられる(私の例)

 

そもそもベッドから起き上がれないようなケースでは、100%の力でサポートした方がいいと思います。

でも、ちょっと回復したら、「自立したい」っていう気持ちを刺激するような環境を作る。

そうすると、ゆっくり立ち直ってくれるのではないでしょうか。

主体になるのはあくまでも子供の方だよ!

 

不登校の私に対する親の神対応

というわけで今回は、不登校の子供について下記のポイントをお話ししました。

  • 不登校だった私が自立するまでの話
  • 不登校だった私に対する親の対応
  • 不登校の子供を立ち直らせるには?

 

「親の神対応ってなんのことだったの?」って思う方がいるかもしれませんね。

私がおこづかいをねだったとき、めちゃくちゃイヤそうな反応を取ってくれたこと。

これが不登校だった私に対する親の神対応でした。

 

おそらく意識的にイヤそうにしたわけではないと思いますが、私が不登校から立ち直れた理由は100%それです(笑)

みなさんにとって、なにかのヒントになればさいわいです。

 

「不登校の子どもからゲームは取り上げた方がいいの?」っていうテーマでも書いてみました。

もしよければ以下の記事をどうぞ。

【実体験】不登校の子どもからゲームを取り上げるのはOKです「不登校の子どもがゲームばかりしてるんだけど、取り上げた方がいいのかな…?」 そんな疑問にお答えします。 ちなみに私...

 



こちらの記事もおすすめ!