お金の貯め方

【相場は2~4万】実家暮らしの人は家にお金をいくら入れるのが妥当か考えてみた

「実家暮らしなんだけど、家にいくら入れたらいいのかな?」

「そもそも、家に入れないといけないの…?」

そんな方に向けた記事です。

 

結論からいうと、「家に入れるお金 = 一人暮らしにかかるお金 - 家族への貢献度」 で考えるのがおすすめ。

相場は、2~4万です(当ブログのアンケート調査)

理由を解説します。

  • そもそも家に入れるべきなの?
  • 一人暮らしにかかるお金とは?
  • 家族への貢献度とは?

この記事は、”自分の意志”で実家暮らしを選択している人に向けて書いたものです。

何らかの事情(介護など)で、実家暮らしせざるを得ない人には、当てはまりません。

【相場は2~4万】実家暮らしの人は家にお金をいくら入れるのが妥当か考えてみた

ちなみに自分は、20代前半のころ2年ほど実家暮らししました。

家に入れたお金は、月2万。

ちょっと低かったと、反省しています。

 

そもそも家に入れるべきなの?

「家にお金を入れるべきか」というそもそも論については、入れるべきと考える人が多数派です。

そうでないと、世間の風当たりも強いですしね。

 

その一方で、家族と相談した上で“あえてお金を入れない”方もいます。

親が望まないのであれば、アリだと思います。

 

とはいえ、金銭的なメリットがある以上、なんらかの形でお返しするのが仁義なのかなと。

月2万だった私がいっても、説得力がないですが…。

 

一人暮らしにかかるお金とは?

実家暮らしのメリットは、一人暮らしにかかるお金を節約できることです。

本来はマイナスのものが、ゼロになる。

なので、家へのお返しは”一人暮らしにかかるお金”を基準にするのが妥当です。

 

といっても、「なんぼやねん」ってなりますよね。

一人暮らしの私が、家計簿をつけてみました。

 

費目ごとの平均は、下記のとおり。

実家暮らしで節約できるのはオレンジの費目で、合計70,697円です。

費目金額
住居34,680
食品17,934
電気4,685
水道2,823
ガス4,189
インターネット3,629
日用品2,757
教養8,043
理美容2,217
スマホ1,360
交通費3,235
交際・娯楽費2,773
医療費850
返済(自動車ローン)56,117
返済(奨学金)18,940
特別費15,561

 

地方在住でわりと節約する方なので、「最低でもこれくらいはかかるな…」という金額です。

都心部だと、もっとかかります。

家に入れるお金を決める際は、”最低7万のメリットがある”ことを意識すると、有意義かもしれません。

 

家族への貢献度とは?

とはいっても、一人暮らしにかかるお金を、そのまま家に入れるケースはすくないと思います。

家族にとっても、メリットがあるので。

 

たとえば、下記。

  • 住居費などの負担が減る
  • 家事の助っ人が増える
  • いろいろ頼りにできる

 

そこらへんをお金に換算すると、「家に入れるお金は3~5万が妥当になるのかな…」というのが私の感覚。

もちろん、家族にどれくらい貢献するかによります。

まあ、親の立場からすると、メリットとか考えないような気もしますが…。

 

参考までに、このブログで“親世代の読者様”にアンケートを取っています。

親の感覚では、2~6万が妥当みたい。

 

スポンサーリンク

家に入れるお金 = 一人暮らしにかかるお金 - 家族への貢献度

というわけで、「家に入れるお金 = 一人暮らしにかかるお金 - 家族への貢献度」で考えるのがおすすめです。

一人暮らしにかかるお金は、最低7万円。

家族にとってもメリットがあるので、最終的には2~4万で落ちつくケースが多そうです(当ブログ調べ)

 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ!