家計簿のコツ

家計簿が面倒な人でも続くズボラな書き方を解説【初心者向け5か条】

「家計簿をはじめるんだけど、続けやすくて簡単なつけ方はないのかな…?」

そんな方に向けた記事です。

 

結論からいうと、ありますよ。

以下の5つです。

以前は私も三日坊主でしたが、この方法で続けられるようになりました。

  1. 1円単位でつけなくてOK
  2. 毎日続けなくてOK
  3. 使途不明金は無視してOK
  4. 費目別に分けなくてOK
  5. 数ヵ月だけ続ければOK

家計簿が面倒な人でも続くズボラな書き方を解説【初心者向け5か条】

「家計簿はまじめにつけないとダメ」っていう固定観念は、けっこう定着してますよね。

あれ、微妙です。

忘れてください。

 

そもそも家計簿をつける目的はなにかというと、以下です。

  • お金の使い方を見直す
  • 収支のバランスを整える
  • 貯蓄体質をつくる

 

上記を達成できるなら、どんな使い方をしてもオッケー。

なので、これからお話しすることは、家計簿をきれいに書く方法ではありません。

いかに効率よく、効果的に家計を改善するか…という観点です。

 

1円単位でつけなくてOK

完ぺき主義の方は1円単位で家計簿をつけがちですが、そこまで効果はありません。

10円、または100円単位でオッケーです。

 

「ちりつも」の考え方を否定するわけではないですが、100円単位にしても実際そこまで変わらないですよ。

こんな感じのイメージ。

1円単位100円単位
12/11,016円1,000円
12/2967円1,000円
12/31,049円1,000円
中略
12/301,032円1,000円
12/31987円1,000円
合計31,496円31,000円

 

1円単位でつけたときと496円の差が出ましたが、この違いが重要か…というと微妙ですよね。

いらないと思います。

 

「お金の使い方を見直す」など、家計簿のゴールを達成する上では、そこまでの精度は必要ないです。

(害はないのでしても問題はありませんが)

 

毎日続けなくてOK

毎日まじめに続けてもいいけど、毎日だからといって必ずお金が貯まるわけではないです。

なので、毎日続けなくてもオッケー。

 

むしろ、時間をあけてからの方が客観的に分析できるので、効果的かもしれませんね。

たとえば、以下のふたつを比べると、圧倒的に月1の方がいいです。

  • 毎日だけど記録するだけ
  • 月1だけど分析もする

 

毎日つけない前提だと、「今日も書けなかった…」とか落ち込むことがないですしね。

負担もかからないし。

月一家計簿のやり方については、以下のページで解説しています。

毎月1回30分でOK!家計簿が続かない人におすすめの月一家計簿とは?「家計簿が続かないのが悩み…」 「続けやすい方法はないの?」 この記事は、そんな方に向けて書いています。 自分...

 

使途不明金は無視してOK

家計簿と財布のお金があわない現象、いわゆる使途不明金ですが、気にしなくていいです。

時間の無駄なので。

 

下記のように、家計簿をキチっとつけようとすると、ストレスがたまりますよ。

続けにくいです。

 

結局のところ、”支出の傾向”がわかれば多少の誤差はどうでもいいんです。

「今月は〇〇にお金を使いすぎたから、来月は節約しよう!」

こういう判断ができるくらいの精度で十分。

 

銀行の業務なら話は別ですが、たかが一家庭の家計簿ですからね。

目安は以下のとおり。

  • 1円単位の誤差 → ガン無視
  • 10円単位    → 無視
  • 100円単位  → 無視
  • 1,000円単位 → 要チェック

 

費目別に分けなくてOK

スーパーで買いものしたとき、食品や日用品など、いろんなものを買いますよね。

家計簿につけるときは、費目別にわけなくていいですよ。

 

たとえば、以下のようなレシートがあったとします。

食品がメインだけど、日用品もまじっている。

  • コーヒー 100円
  • 牛乳   150円
  • お肉   400円
  • 野菜   300円
  • 歯ブラシ 100円
  • 合計   1,050円

 

これを家計簿につけるときは、食費950円 & 日用品100円ではなく、食費1,050円で大丈夫です。

考え方としては、今までと同じ。

「お金の使い方を見直す」などの目標をクリアするために、その誤差を記録する必要があるかどうかです。

 

数ヵ月だけ続ければOK

家計簿は続けた方がいいと言われていますが、永遠に続ける必要はないです。

貯蓄体質ができあがったら、すぐにやめてオッケー。

 

ちょっとアレな例えですが、“家計簿はお尻をふくトイレットペーパーみたいなもの”です。

こんな感じ。

トイレット
ペーパー
家計簿
必要なときお尻が汚れたとき家計が汚れたとき
不要なときお尻がキレイなとき家計がキレイなとき

 

お尻がキレイになったら、普通はふくのを止めますよね。

そういう趣味がある人は別として。

家計簿もそれと同じで、収支のバランスが整ったら捨てていいんです。

 

で、「お金の使い方が荒くなってきたな~」って感じたら、また再開する。

そういうのは、たいがい生活に大きな変化がある以下のような場合です。

  • 引っ越し
  • 転職・退職
  • 結婚・出産

 

スポンサーリンク

家計簿にルールはないので好きにやってOK

というわけで、初心者向け5か条と題して、家計簿を続けやすくするポイントを紹介しました。

…が、別にこれを遵守しろってわけではないです。

 

続けやすくするための考え方と、その実践例を解説しただけ。

繰り返しになりますが、家計簿の目標をクリアできるなら、どんな使い方でも大丈夫です。

 

もう一回、のせておきますね。

お互いがんばっていきましょう。

  • お金の使い方を見直す
  • 収支のバランスを整える
  • 貯蓄体質をつくる

 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ!