家計簿

【家計簿のコツ】電子マネーをチャージしたときの扱いは”無視”でOK

「家計簿をつけてるんだけど、電子マネーのチャージはどう扱えばいいの?」

そんな疑問にお答えします。

 

結論からいうと、無視でOKです。

家計簿にはつけない。

理由は以下のとおりで、それぞれ解説します。

  • チャージは支出ではない
  • チャージは収入でもない
  • 家計簿は電子マネーに不向き

 

【家計簿のコツ】電子マネーをチャージしたときの扱いは”無視”でOK

かせいだお金(収入)と使ったお金(支出)を記録して、お金の使い方を見直すツール。

それが家計簿です。

なので、収入でも支出でもない電子マネーのチャージは、家計簿にはつけなくてOK。

 

電子マネーの扱いで悩む人は多い

電子マネーの扱いについて、実はけっこうお問い合わせをいただきます。

こんな感じ。

【お問い合わせの内容】

はじめまして

家計簿を続けたいのですが、電子マネーのチャージをどう扱えばいいか悩んでいます。

家計簿につけた方がいいのでしょうか?

アドバイスをお願いします。

 

家計簿をキチっとつける、真面目なタイプの方に見られる悩みですね。

とても共感できます。

…が、家計簿をつける上では、「お金の使い方を見直す」にフォーカスするのがおすすめ。

  • お金の使い方を見直す →
  • 電子マネーの管理   → ×
  • 資産残高のチェック  → ×

 

もうすこし気楽に考えると、続けやすくなるかもしれません。

以下の記事を読んでみてください。

【初心者向け5か条】家計簿が簡単に続けられる書き方(つけ方)を解説「家計簿をはじめるんだけど、続けやすくて簡単なつけ方はないのかな…?」 そんな方に向けた記事です。 結論からいうと、...

 

家計簿の役割を増やしすぎると大変

で、繰り返しになりますが、電子マネーのチャージは無視してOKです。

上記のお問い合わせには、いつもこんな感じの返事をしています。

 

電子マネーをチャージしても、実際にお金を使ったわけではなく、現金から電子マネーに変身しただけです。

なので、家計簿につけても「お金の使い方を見直す」のは不可能です。

 

あえてつけるなら、こんな感じでしょうか。

帳尻を合わせるために、チャージで使ったお金を収入に変えて相殺します。

費目金額
食費-1,000円
日用品-800円
電子マネーのチャージ(出金)-3,000円
電子マネーのチャージ(入金)+3,000円
食費-1,200円

 

ただし、集計したときに、チャージした分だけ収入と支出の合計が増えるのがデメリット。

むしろ、お金の使い方を見直す上では、弊害になりますね。

 


電子マネーの管理にはアプリがおすすめ

というわけで、私は従来の家計簿とアプリを用途によって使いわけるようにしています。

こんな感じ。

  • 家計簿(エクセル)
    →お金の使い方を見直す
  • 家計簿(アプリ)
    →資産残高のチェック
    →電子マネーの管理

 

この使い分け、かなりスッキリします。

「お金の使い方を見直す」という面では、家計簿アプリは非効率的と考えているので、残高管理アプリとして使っています。

以下の記事で解説しているので、もしよければ読んでみてください。

マネーフォワードを徹底調査!家計簿アプリとしては"ゴミ"だが資産管理ツールとしては"神"マネーフォワードという家計簿アプリを使っているのですが、家計簿として使うと挫折する可能性大です。 資産管理ツールとしては、最強。 ...

 

 



こちらの記事もおすすめ!