家計簿

【ポイント=お金】ポイントで買ったものは家計簿につけるのが理想

「ポイントで買ったものは、家計簿につけた方がいいの…?」

そんな疑問にお答えします。

結論からいうと、つけた方がいいです。

 

理由は下記。

  • 家計簿はお金を管理するもの
  • ポイントとお金は同じ価値
  • なので、ポイントも管理する

【ポイント=お金】ポイントで買ったものは家計簿につけるのが理想

家計簿は“お金の使い方を見直す”ことが目的なので、それに必要なことはできるだけ記録します。

そして、ポイントはお金と同価値。

なので、ポイントで買ったものを家計簿につけると、結果的に”お金の使い方を見直す”につながります。

 

ポイントとお金は同じ価値

これについては、中学校の連立方程式みたいに考えると、分かりやすいかも。

下記のとおり。

家計簿とポイントの関係
  • 家計簿 = “お金”の使い方を見直すツール
  • “ポイント” = “お金”(同じ価値)

つまり…

  • 家計簿 = “ポイント”の使い方を見直すツール

 

なんか、逆に意味不明になりましたね…。

すいません。

言いたいことは、ポイントにはお金と同じ価値があるから、お金と同じように扱うってだけ。

つまり、お金と同じように、家計簿につけます。

ちなみに、こういう理屈っぽい考え方をしていると、女の子からモテません(実体験)

注意してください。

 

ポイントを家計簿につけるメリット

ポイントで買ったものを家計簿につけると、いろいろメリットがあります。

具体的にいうと、下記。

  1. お金のクセを自覚できる
  2. 改善の糸口がつかめる
  3. お金が貯まるようになる

 

たとえば、「ポイントで3万円の洋服を買っちゃった!」っていうケース。

ポイントなので、お得な感じ。

でも、家計簿につけると、現金と同じように「30,000円」という数字で記録されます。

 

月末になって締めたとき、数字として、客観的にふりかえることができますよね。

「ポイントだから…」

そんな感じで”聖域化”せず、お金のクセとしっかり向き合うことができます。

 

スポンサーリンク

まとめ:ポイント支払いは家計簿につけよう!

というわけで今回は、「ポイントで買ったものは家計簿につけよう!」というテーマで書きました。

理由は下記。

  1. ポイントはお金と同じ価値
  2. お金と同じように扱う
  3. お金が貯まるようになる

 

ちなみに自分は、ポイントを使ったときは家計簿につけますが、入った分はつけてません

大した額ではないので。

完ぺき主義になるとしんどいので、手を抜いていいところは抜いてます(手の抜き方は、下記ページにて解説)

家計簿が面倒な人でも続くズボラな書き方を解説【初心者向け5か条】「家計簿をはじめるんだけど、続けやすくて簡単なつけ方はないのかな…?」 そんな方に向けた記事です。 結論からいうと、...
スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ!