家計簿

家計簿の締め日は月末がおすすめです【給料日締め撲滅委員会】

このブログで公開しているエクセル家計簿は、締め日を変更することができません。

つまり、月末締めで固定!

なぜかというと、締め日を月末以外にするメリットがない(持論)からであって、ただの消去法です。

 

というわけで今回は、家計簿の締め日を月末にする理由を解説します。

下記のとおり。

  • 集計がくるわない
  • 収支の比較が簡単
  • 慣れたら大丈夫!

どうしても月末締めがしっくり来なければ、“給料日を1日だと思い込む”といいかもしれません。

そこらへんも解説します。

家計簿の締め日は月末がおすすめです【給料日締め撲滅委員会】

先ほど書いたように、私が月末締めをおすすめする理由は、ただの消去法です。

なので、給料日締めのことを主軸に書きます。

  1. 給料日締めのデメリット
  2. 給料日締めのメリット
  3. 総合的に、月末締めの方がいい

 

給料日締めのデメリット

締め日を給料日にするデメリットとしては、下記がよくあげられますよね。

まあ、すべて「かも」の話ですが。

実際に起きると、管理しにくくなります。

  1. 夫婦で給料日がずれる
  2. 土日祝日で給料日がずれる
  3. 転職すると給料日がずれる

 

自分の意見としては、「①夫婦で給料日がずれる」はそれほど大きなデメリットではありません。

許容範囲。

基準となる給料日がふたつあるだけなので、ひとつに決めたらそれ以降はもう大丈夫です。

 

その一方で、「②土日祝日で給料日がずれる」と「③転職すると給料日がずれる」は、大きなデメリットです。

給料日がずれると、1ヵ月の日数が増減。

その結果、集計結果がくるってしまうので。

「前月や前年同月とくらべて支出が増えたな~」といった比較が困難になります。

 

たとえば、給料日が25日でその前日(24日)を締め日とした場合、土日祝日とかぶって、集計期間が下記のように増減します(2019年7~9月)

期間日数
7月6/25~7/2430日
8月7/25~8/2330日
9月8/24~9/2432日

 

日数が増えたり減ったりするので、必然的に、支出も増えたり減ったりするよね…っていう。

なので、収支の分析がしにくい

支出が増えたとしても、(1)無駄づかいが原因? (2)日数が増えたのが原因? といった感じで混乱します。

1日くらいなら、大差ないですよ。月末締めにしても、30日だったり31日だったりするので。

でも、2日以上ずれると、まあまあ影響が出てくるはずです。

 

給料日締めのメリット

「逆に、給料日締めのメリットはないのか…」というと、しいて言うなら、下記です。

“集計期間の初日に給料が入るので、しっくり来る”

 

逆にいうと、”月末締めにすると月の途中に給料が入って、違和感がある”…となります。

といっても、これは慣れの問題です。

慣れたら、月の途中に給料が入ってもまったく違和感がありません(自分もない)

 

結局のところ、家計簿というのは”収支のバランスを把握する”ツールであって、1ヵ月単位で考えます。

1ヵ月の収入 – 1ヵ月の支出 = 1ヵ月の貯蓄

たったそれだけなので、いつお金が入ってこようが、いつお金を使おうが、どうでもいいわけです。

極端にいったら、1ヵ月間のすべての収支を“1日固定”で書いても大丈夫です。

集計結果は同じなので。

 


給料日を1日だと思い込むのもアリ

というわけで、上記のことを総合的に考えると、締め日は月末にするのがおすすめです。

理由は下記のとおり。

  • 集計がくるわない
  • 収支の比較が簡単
  • 慣れたら大丈夫!

 

どうしても慣れないのであれば、給料日を1日と思い込むのもアリです。

実際の給料日は25日でも、翌月1日までお預けにして、家計簿にも1日で記録する。

そうすると、しっくり来ます。

集計期間の初日に、給料が入るので。

 

 



こちらの記事もおすすめ!