仕事

【マジで楽すぎ】工場勤務はメンタル弱者に向いてる仕事です

豆腐メンタルの人は、なかなか仕事が続かなくて悩みますよね。

なにを隠そう、私は中学生で不登校になり、転職も3回ほど繰り返しています。

やわらかめの豆腐です。

 

そんな私ですが、今やっている工場の仕事は続けやすいと思っていて、正直かなり楽。

というわけで今回は、工場勤務に興味を持っている方にむけて、そのメリットとデメリットを解説します。

 

以下の方が対象。

  • メンタルが弱いと自覚している
  • 仕事が続かないことが悩み
  • 工場勤務に興味がある

 

工場勤務はメンタル弱者に向いてる仕事です

続けやすさという点では、工場の仕事はかなりいい感じです。

とくに、以下にあてはまる方におすすめ。

  • コミュニケーションが苦手
  • 精神的ストレスによわい
  • 肉体的な疲労はなんとかなる

 

コミュニケーションはほぼ不要

興味のない人間とのやりとりがすくないので、コミュニケーションが苦手な人でも大丈夫です。

私のところでは、「コミュ障しかいないのでは?」っていうくらい内向的な人が集まっていますよ。

波長が合うので、居心地はいいです(笑)

 

仕事ではカンタンな作業をもくもくと続ける感じで、人と話すのは以下のときくらい。

  • 作業のやり方を教えてもらうとき
  • 機械のトラブルが発生したとき
  • トイレに行きたくなったとき

 

作業内容がカンタンなら、2~3日もたてば高速でこなせるようになります。

そこからは、無言の職人モードですね。

終日ひと口も話さないツワモノもいますよ。

 

精神的なストレスがたまらない

コミュニケーションが必要最低限なので、精神的なストレスはたまりません。

続けやすいです。

 

私はメインの業務が社内システムの管理でして、それは精神的にけっこうキツい。

以下のような性格なので、毎日精神をすり減らして仕事をしています。

  • 事務所の空気がキラい
  • 電話対応が苦手
  • 人と話すのがイヤ

 

で、たまに作業員が足りなくて現場に駆り出されるのですが、まあ楽ですよ。

ウザいやつらと話さなくていいからね。

 

それから、上司から怒られることもほぼないです。

だれがやってもミスしないように、作業工程がマニュアル化されてますから(まともな会社なら)

よくも悪くも、指示どおりにやってたら文句はいわれません。

 


工場勤務の仕事は体力的にキツい

精神的な疲労はほぼゼロですが、肉体的な疲労はけっこうたまります

一日中、立ちっぱなしですから。

そこらへんが大丈夫なら、工場の仕事に適正あるかと思います。

 

参考までに、私が現場で作業するときのスケジュールは、こんな感じになってます。

基本的には、8:30~17:30 の8時間勤務。

  8:25ラジオ体操
  8:30始業 & 作業開始
  9:55休憩開始(10分)
10:05休憩終了
12:20お昼休み開始(40分)
13:00お昼休み終了
14:55休憩開始(10分)
15:05休憩終了
17:30終業 & 作業終了

 

忙しい時期になると、毎日30分~1時間くらいの残業が続きます。

…が、突発的に入る残業はありませんね。

そういう意味でも、プライベートとのバランスを取りやすいかと思います。

 

工場勤務のメリットとデメリット

というわけで、工場勤務のメリットとデメリットをまとめるとこんな感じです。

ちょっと付け加えてるとこもありますが。

■メリット
・仕事を続けやすい
・精神的なストレスがすくない
・有給が取りやすい
→代わりがいるので

■デメリット
・肉体的に疲れる
・給与がすくない?
→代わりがいるので

 

ここからは余談ですが、意外に女性が多いことにビビりました。

ちょっと危ないところは男性がメインですけどね。

部品を組み立てる安全なラインは、ほぼ100%が女性の作業員です(私の勤務先では)

 

中には給与が高い会社も隠れていると思うので、以下のサイトなどで探してみるといいかもしれません。

工場専門の求人サイトで、掘り出し物が見つかると思いますよ。

→工場ワークス



こちらの記事もおすすめ!