家計簿

LINE家計簿を徹底レビュー!最新の口コミと評判をまとめてみた

もはや全人類が使ったことがあるといっても過言ではないLINEですが、ちょっと前にその家計簿が登場しました。

LINE家計簿っていうみたいですね。

というわけで今回は、以下の方にむけてLINE家計簿をレビューします。

  • LINE家計簿がいいものなのか知りたい
  • LINE家計簿を試してみる時間がない

 

この記事が読み終わるころには、LINE家計簿が自分に合っているか、使うに値するかどうかがわかります。

Twitterの口コミや評判も取り入れながら、主観的かつ客観的にレビューしていきますね。

 

結論からいっておくと、LINE家計簿は微妙です。

以下のように使い分けるのがおすすめ。

  • お手軽さを重視したい
    → LINE家計簿
  • お金を貯めたい
    → ノートかエクセル
  • 資産を管理したい
    → 従来の家計簿アプリ

 

LINE家計簿の口コミと評判をまとめてみた

まずは、TwitterでLINE家計簿がどのように評価されているのか調べてみました。

肯定派と否定派にわけて紹介します。

 

肯定派1:クレジットカード・銀行との連携

クレジットカードや銀行口座との連携は、家計簿アプリでは鉄板ですね。

もちろんLINE家計簿でも可能です。

やはり“全自動”っていうのがポイント高いみたいで、評判は上々。

 

私も実際にためしてみたところ、以下のような印象を受けました。

マネーフォワードと比べて連携の読み込みも速いし、ほとんどの方は問題なく使えますよ。

  • 連携可能なクレカ・口座が多い
  • 連携の設定はすぐにできる
  • 読み込みが速い

 

肯定派2:手動の入力も簡単

さすがに現金で買いものしたときは、家計簿アプリであっても手入力しないといけません。

ここでは、LINEならではの特徴が出ていました。

 

レシートをカメラで読み込む機能もあるのですが、LINEから入力するのが斬新!

ちょっと豪遊したと想定して「娯楽費 100000」と打ってみたところ、ちゃんと登録されていました。

記録するためのステップ数としては、ほかのアプリよりも圧倒的にお手軽ではないでしょうか。

 

否定派1:お金が貯まらない

これはまさしく”家計簿アプリあるある”です。

収入と支出を全自動で取り込んでくれるから、お金の使い方を見直すチャンスがなくなる本末転倒なパターン…。

 

まあ、残高確認のためだけに使うって割り切れば、便利っちゃあ便利なんですけどね。

でもそれって家計簿として機能してないのでは?っていうのが私のスタンス。

家計簿の役目は、あくまでお金の使い方を改善することだと思うので。

そこらへんについては以下の記事にて。

家計簿検定1級の私がノートやアプリよりもエクセル家計簿をおすすめする理由「いっちょ家計簿やってみるかー!」と思っても、最近はいろんな家計簿があって、どれにするか迷いますよね。 ざっくり分けるなら、下記の...

 

否定派2:収支の記録が重複する

“家計簿アプリあるある”の第二弾です。

全自動ですべて連携されることが裏目になって、電子マネーのチャージなどでも収入・支出として記録されるケース。

 

電子マネーを1万円分チャージしたら、以下のようになってしまうってことですね。

  • 電子マネーチャージ -10,000円
    支出として記録される
  • 電子マネー入金      +10,000円
    収入として記録される

 

電子マネーのチャージ = 資金の移動だけなのに、お金を使ったとみなされるのはどうなのっていう話です。

もっとも、LINE家計簿では集計対象からはずすこともできるようなので、そこらへんが問題になることはないかと思います。

ただ、その手間がかかるだけ。

 

危険派1:セキュリティが不安

肯定派と否定派にくわえて、”危険派”という第三勢力も見られたので紹介します。

マネーフォワードなどと比べて、セキュリティ面でどうなのっていう意見ですね。

 

まあ…、これについては心配しすぎなんじゃないかなと思います。

連携するときのパスワードと振込するときのパスワードって、たいがい別々になってるじゃないですか。

連携している口座が流出したとしても、振り込まれることがなければ、とくにダメージはないのでは?

 


LINE家計簿は微妙です

ここまでの内容をまとめると、LINE家計簿をおすすめできるのは以下の方です。

  • お手軽さにこだわりたい
  • こまかい設定はいらない
  • LINEを日常的に使っている

 

基本的にはクレジットカード連携などで全自動だし、手動の入力もLINEでスパッとおわります。

ただ、費目の設定ができないのが難点。

費目別にこまかく分析したい方にとっては、ちょっと行き届いていない感じがしますね。

 

ぶっちゃけ、LINE家計簿は微妙ですよ(笑)

お金の使い方をしっかり見直したいなら、ノートかエクセルが効果抜群だし、資産管理・残高管理として使うなら他の家計簿アプリです。

従来のアプリなら、資産の内訳(現金や株式など)をグラフ化できるし、過去とくらべてどのように推移してるかもわかりますしね。

 

下記の家計簿アプリはいい感じです。

デザインもきれいなので。

→リンククロスの家計簿アプリ(Android)

→リンククロスの家計簿アプリ(iPhone)

→夫婦世帯に特化した家計簿 OsidOri(iPhone)

 

ちなみに、エクセル家計簿ならこのブログでテンプレートを公開しています。

エクセル家計簿の界隈では、間違いなく最先端です。

興味がある方は以下のページをどうぞ。

【エクセル家計簿】貯金が得意なプログラマーがテンプレートを作ってみた貯金が得意なプログラマーがエクセル家計簿のテンプレートを作ってみました。家計簿の入力は一ヵ所だけなので、シンプルで続けやすい。年間収支をグラフと表で分析できます。...

 



こちらの記事もおすすめ!