節約法

楽天モバイルとmineoを両方使ったので比較してみた!向いてる人&向いてない人を解説

「スマホの会社を変えたいんだけど、楽天モバイルとmineoってなにがちがうの?」

「自分に合ってるのはどっち?」

この記事は、そんな方に向けて書いています。

 

自分は先日、mineo → 楽天モバイル に乗り換えたのですが、両方使った感想は下記です。

それぞれに向いてる人です。

  • mineo(マイネオ)
    →いまの端末を使いたい方
    →端末にこだわりがある方
    →すこしでも節約したい方
  • 楽天モバイル
    →残りパケットを気にしたくない方
    →通信制限時でも速度がほしい方
    →楽天回線エリアの方

 

下記のポイントを比較します。

  1. 料金プラン
  2. 通話料金と品質
  3. 通信速度
  4. データ制限モード
    →mineo:パケット放題モード
    →楽天 :データ制限モード

通信速度の比較も含みますが、楽天回線エリアではなく、パートナーエリアでの比較のみです。

楽天モバイルとmineoを両方使ったので比較してみた!向いてる人&向いてない人を解説

ちなみに、自分のスマホ利用歴はこんな感じです。

  • mineo
    →1年7ヵ月
  • 楽天モバイル
    →1ヵ月未満

 

mineoは、それなりに長め。

楽天モバイルは、新入り。

楽天はいろいろ試している段階ですが、いまの段階でわかっていることを書きます。

 

料金プラン

下記は、料金プランの比較表です。

自分は、mineoの方が好きです。

mineo(au)楽天モバイル
500MB1,310円2,980円
詳細は後述
3GB1,510円
6GB2,190円
10GB3,130円
20GB4,590円
30GB6,510円

mineoはau、ドコモ、ソフトバンク回線のプランに分かれていて、上記はau回線です。

全体的に、ドコモなら+100円、ソフトバンクなら+450円くらい上がります。

→mineo 基本料金

 

mineoについては、データ容量を500MB~30GBまで自由に選べます。

自分は、ドコモ回線の500MBでした。

パケット放題(通信速度中速で使い放題)のオプションをつけて、2,000円ちょっとです。

 

楽天モバイルについては、一律2,980円

データ容量は、下記のとおり。

  • 楽天回線エリア(都市)
    →制限なし
  • au回線エリア(地方)
    →5GB(4月22日~)

※回線エリアの確認はこちら

 

自分は地方に住んでいるので、楽天回線を使えず、代わりにau回線です(いわゆるパートナーエリア)

mineoと比べると、プラス1,000円で4.5GB増。

正直なところ、自分はデータ制限モードだけで生活するので、データ容量が増えても意味ないんですけどね…。

mineoならパケット放題、楽天ならデータ制限モードを使うことで、データ容量を消費せずにネットを使えます。

まあまあの速度で。

これについては、後ほど詳しく解説します。

 

自分はデータ容量をこまかく設定したい(最低限にしたい)ので、どちらかというと mineo の方が好きです。

コスパも高いですし。

同じくらいの容量なら、”mineo 6GB 2,190円” に対して “楽天 5GB 2,980円” です。

 

とはいっても、楽天モバイルの方がウケはよさそうですね。

一律料金でシンプルなので。

ストイックに節約したいならmineo、ざっくり節約したいなら楽天モバイル…みたいな認識でいいかと思います。

楽天回線エリアの方は、データ制限なしで使える楽天モバイルの方がいいと思います。

1日10GBの”隠れ制限”があるというウワサですが…、ほとんどの方は1日で10GBも使わないです。

 

通話料金と品質

下記は、通話料金の比較表です。

自分は、楽天の方が好きです。

mineo楽天モバイル
通常20円/30秒20円/30秒
アプリ使用時10円/30秒無料

 

自分はほとんど電話しないので、ぶっちゃけどうでもいいんですけどね。

100円くらいの誤差です。

ひんぱんに電話をする方なら、楽天モバイルの方がいいかと思います(アプリ使用時は無料なので)

 

ちなみに、アプリは下記です。

どちらも普通に使えました。

  • mineo
    →mineoでんわ
  • 楽天モバイル
    →Rakuten Link

海外で電話をする場合は、自分はあまり詳しくないので、公式サイトを参照してください。

→mineo

→楽天モバイル

 

通信速度

通信速度を測ってみたところ、下記の結果でした。

データ制限がかかっていない状態です。

  • mineo
    →ダウンロード:14Mbps
    →アップロード:6Mbps
  • 楽天モバイル
    →ダウンロード:31Mbps
    →アップロード:13Mbps

 

計測時の画像を貼っておきます。

計測した場所は、楽天回線エリア(都市)ではなく、パートナーエリア(地方)です。

 

【▼mineo】

 

【▼楽天モバイル】

 

楽天モバイルの方が速い結果になりましたが、必ずしもmineoが劣っているわけではないです。

時間もちがいますし(9時と17時)

むしろ、大事なのは安定性。

最低1Mbps~最高50Mbpsのスマホよりも、最低10Mbps~最高15Mbpsの方が、使いやすいですよ。

  • 通信速度にムラがあるスマホ
    →急に遅くなる
    →ストレスがたまる
  • 通信速度にムラがないスマホ
    →常にさくさく
    →ストレスフリー

 

安定性という意味では、とくに優劣は感じません。

どちらでもOK

そもそも、普通の人は10Mbps以上の速度が出ても、オーバースペックなのでは…と思います(1Mbpsでも標準画質の動画はみれる)

 

データ制限モード

データ制限モードとは、データ容量を消費せずに、低速~中速でネットを使える機能です。

すみません…。

これについては、楽天モバイルが好きです。

  • mineo
    →パケット放題モード
    →低速(500kbps)
    →350円(オプション料金)
  • 楽天モバイル
    →データ制限モード
    →中速(1Mbps)
    →無料(基本料金に含む)

 

自分はいままでmineoのパケット放題を常時ONにして、データ容量を使わずに生活してきました。

速度は、500kbpsです。

画像の読み込みや動画の再生に、ちょっともたつきますが、妥協して使えるレベル

【↓動画です】

 

データ制限時のバースト機能が気になる方のために、動画にしました(すこし重いかもしれませんが…)

再生ボタンを押してください。

ちなみに、バースト機能というのは、通信開始時に一瞬だけ高速通信に切り替える仕組みです。 

 

楽天モバイルに乗り換えてからは、データ制限モードでも 500kbps → 1Mbps になりました。

2倍くらい。

もたつきも、いままでの”妥協感”も、かなり軽減されました(完全にではないですが)

【↓動画です】

 

まあ、データ制限OFFのときと比べたら、やっぱり遅いんですけどね…。

慣れの問題です。

「通信速度は〇Mbpsだよ!」とかいわれてもイメージしにくいと思うので、このブログを読み込む様子も動画にとりました。

 

【↓動画です データ制限OFF】

 

【↓動画です データ制限ON】

 

客観的に比べてみると、やっぱり遅いな…(^-^;

とはいっても、案外いけますよ。

画像を読み込むのに時間はかかりますが、文字はパッと表示されます。

「このページの読み込みは何秒かかるの?」などのご質問があれば、ツイッター(@rogolog)などにご連絡ください。

できる限り答えます。

楽天回線エリアの方はデータ使い放題なので、データ制限の話は関係ないです。

ラッキーですね!

スポンサーリンク

楽天モバイルとmineoの向いてる人&向いてない人

自分は mineo → 楽天モバイル に乗り換えたので、後者の方が好きなのは言うまでもありません。

ただし、万人にはおすすめできないです。

現時点では、対応端末がかなり少ないので。

 

逆にmineoはいろんな端末に対応しているので、(1)いまの端末を使いたい方、(2)端末にこだわりがある方 はmineoの方がいいと思います。

対応端末は、公式サイトを参照してください。

→mineo 動作確認済み端末

→楽天モバイル 動作保証端末

 

以上のことをまとめると、「楽天モバイルとmineoの向いてる人&向いてない人」は下記です。

参考にしてください。

  • mineo(マイネオ)
    →いまの端末を使いたい方
    →端末にこだわりがある方
    →すこしでも節約したい方
  • 楽天モバイル
    →残りパケットを気にしたくない方
    →通信制限時でも速度がほしい方
    →楽天回線エリアの方
スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ!