ただの雑記

さすがにミニマリストでも掃除機がいらないことはない【選び方とおすすめ】

自分は部屋がからっぽの上級ミニマリストではないものの、そこそこ物はすくないです。

準ミニマリストです。

 

なので、掃除機は持たずに”ほうきだけ”で生活してきました。

…が、掃除機、買っちゃいました。

やっぱり掃除機は必要ですよ(調子に乗ってすいませんでした)

 

とはいっても、高性能でデカいやつは要らないので、買ったのはコスパ重視の小ぶりなやつです。

というわけで今回は、ミニマリストという観点で掃除機の選び方とおすすめ商品を紹介します。

ポイントは下記のとおり。

  • コスパに優れている
  • 場所を取らない
  • 最低限の機能はある

 

さすがにミニマリストでも掃除機はいらなくなくない?【選び方とおすすめ】

ミニマリストという観点では、ハンディクリーナーをメインの掃除機にするのがおすすめ。

使いやすいです。

 

普通の掃除機とほうきはダメ

自分は今までに、(1)普通の掃除機、(2)ルンバ、(3)ほうき を試しました。

すべてダメでした。

理由は以下のとおり。

  1. 普通の掃除機
    →本体と消耗品が高い
    →場所を取る
  2. ルンバ
    →本体と消耗品が高い
    →メインの掃除機として不十分
  3. ほうき
    →ホコリが残る
    →とくに畳の部屋

 

コスパはほうきの圧勝なのですが、こまかいところはホコリが残っちゃいますね。

不愉快です。

というわけで、普通の掃除機とほうきの中間にあたる、ハンディクリーナーに落ち着きました。

 

掃除機の選び方とおすすめ

ミニマリスト的な観点でいうと、下記の条件をクリアする掃除機がおすすめ。

もっとも、ハンディクリーナーにしぼると自動でクリアですが。

  • コスパに優れている
  • 場所を取らない
  • 最低限の機能はある

 

で、自分は下記の商品にしました。

本体が6,500円、消耗品が650円。

 

こんな感じのセットでした。

 

使い心地はまずまずで、不満はありません。

  • こまかいホコリが取れる
  • 吸引力は十分
  • デザインもぼちぼち

 

あとは、旦那さんや彼氏とケンカしたときに、これでしばくのもいいのではないでしょうか。

しばきやすい形状ですよ。

重さも500グラムくらいで、”いい加減”です。

 


ワンルームで一人暮らしならハンディクリーナーで十分です

というわけで、ワンルームくらいで一人暮らしなら、ハンディクリーナーで十分です。

普通の掃除機だと、オーバースペック。

 

ただし、充電はあまりもたないので、家が広い方にはおすすめできないですね。

サブの掃除機としては、あり。

そもそも全面フローリングなら、クイックルワイパーだけでいいかも。

 



こちらの記事もおすすめ!