家計簿のコツ

毎月1回30分でOK!家計簿が続かない人におすすめの月一家計簿とは?

「家計簿が続かないのが悩み…」

「続けやすい方法はないの?」

この記事は、そんな方に向けて書いています。

 

自分も同じことで悩んでいて、どうしても続かないから逆に”続けない”ことにしました!

毎月1回の月一家計簿です。

“続けない”ことで、結果的にはかれこれ2年ほど続いています(矛盾してますが…)

というわけで今回は、下記について書きます。

  • 月一でも大丈夫な理由
  • 月一家計簿のやり方
  • 続けやすい家計簿

毎月1回30分でOK!家計簿が続かない人におすすめの月一家計簿とは?

「家計簿が続かない…!」と悩んでいる方は、間違いなく真面目な方です。

続けようとがんばってるので。

でも、もうちょっと肩の力を抜いた方がいいかも

 

月一でも大丈夫な理由

「月に1回でも大丈夫なの…?」と思うかもしれませんが、大丈夫です。

下記がその理由。

  • 入力内容はまったく同じ
  • 集計結果もまったく同じ
  • 三日坊主よりは断然マシ

 

最終的には毎日つけたときと同じ結果になり、工夫すれば記録モレも防げます。

家計簿を開くのは、月に1回だけ。

その日以外は、他のやりたいことに集中できるのもメリットです。

 

正直なところ、多少ずれるかもしれませんけどね。

でも、許容範囲内です。

家計簿に100%の精度を求めてる方は、「完ぺきにつけるのは不毛!」とわりきると楽になりますよ。

 

月一家計簿のやり方

それでは、月一家計簿のやり方を解説します。

下記がその手順です。

  1. 1ヵ月分のレシートをためる
  2. 家計簿をつける
  3. 収支を振り返る

 

1ヵ月分のレシートをためる

まず最初に、1ヵ月分のレシートと請求書をお気に入りの入れ物にためていきます。

レシートがない場合は、下記をメモした紙をポイっと入れます。

  • 日付
  • 費目
  • 金額

 

最近の若者はネット通販をよく使うみたいなので、メールソフトに家計簿用のメールボックスも作っておきましょう。

レシートと同じように、メールで届く明細をためます。

 

家計簿をつける

月末になったら、家計簿をつけます。

つけるのは下記。

  • レシート、メールの明細
  • 銀行口座の入出金明細
  • クレジットカードの明細

 

クレジットカード明細はレシートなどと重複すると思うので、「さっきつけたな…!」ってやつは除きます。

1ヵ月分たまってるので、20分くらいかかるかも。

もくもくとつけます。

 

収支を振り返る

家計簿をつけたら、収支のバランスを確認します。

下記を考えます。

  • 支出が多すぎないか
  • なにに使っているか
  • 改善点はないか

 

家計簿のつけっぱなしは意味がないので、ここは横着しない方がいいです。

自分は、分析しやすいように表にしてます。

 

スポンサーリンク

続けやすい家計簿の紹介

というわけで今回は、家計簿は月一でも大丈夫な理由と、月一家計簿のやり方について解説しました。

参考にしてください。

 

「月一でも面倒くさい…!」という方は、スマホの家計簿アプリがおすすめです。

銀行口座やクレカと自動連携。

下記ページにて、いくつか紹介しています。

家計簿アプリのおすすめを目的別に厳選してみた【あなたに合うのはこれ!】「家計簿アプリを探してるんだけど、どれがいいのかな…?」 「自分にあったアプリを見つけたい!」 この記事は、そんな方に向けて...

 

「記事中にある家計簿が気になる!」という方は、下記ページからダウンロードできます。

ぜひ使ってみてください。

【エクセル家計簿】貯金が得意なプログラマーがテンプレートを作ってみた貯金が得意なプログラマーがエクセル家計簿のテンプレートを作ってみました。家計簿の入力は一ヵ所だけなので、シンプルで続けやすい。年間収支をグラフと表で分析できます。...

 

 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ!