節約法

【初心者向け】楽天モバイルへの乗り換え手順をわかりやすく解説します(申し込み~初期設定まで)

「楽天モバイルに乗り換えるには、なにをすればいいの?」

「申し込み~初期設定の手順を知りたい」

この記事は、そんな方に向けて書いています。

 

自分も楽天モバイルになったのですが、今回で乗り換えは3回目なので、あっさりと終わりました。

作業時間は、1時間以内です。

とはいっても、乗り換えがはじめての方にとっては、めちゃくちゃ不透明感がありますよね(自分もそうでした)

 

というわけで今回は、他社 → 楽天モバイルの乗り換え手順をわかりやすく解説します。

下記の5ステップです。

自分がやったことを細かく書くので、読み終わる頃には「あ~こんな感じなのね…」という状態になるはずです。

  1. 電話番号の引っ越し準備
  2. 楽天モバイルの申し込み
  3. 旧スマホのバックアップ
  4. 電話番号の引っ越し実行
  5. 新スマホの初期設定&データ復元

この記事は、2020年4月時点の情報をもとに書きました。

公式の説明書とちがう点があれば、そちらを優先していただき、この記事では全体的な流れだけ参考にしてください。

【初心者向け】楽天モバイルへの乗り換え手順をわかりやすく解説します(申し込み~初期設定まで)

ちなみに、楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)で動作保証されているスマホは、現時点ではかなり少ないです。

10種類くらい(下記ページを参照)

お気に入りのスマホを使いたい方は、対応端末が増えるまで待った方がいいかもしれません。

→楽天モバイル 楽天回線対応製品

 

また、いま持っているスマホを使いたい方も、買い替え(寿命)の時期になるまで待った方がいいと思います。

初心者にとっては、設定がむずかしいです。

ネットワークの設定やSIMロック解除など。

スマホ本体とセットで契約すると、そこらへんの設定は不要なので、すんなりと使えます。

逆にいうと、「そろそろ買い替えの時期だし、どんなスマホでも大丈夫だよ!」という方は、OKです。

自分もそのタイプ。

この記事では、楽天モバイルのSIMカードと対応端末をセットで買うことを前提に、解説します。

 

①電話番号の引っ越し準備

まず最初に、いまの電話番号を楽天モバイルでも使えるように、引っ越しの準備をします。

これをサボると大変です。

新しい電話番号に変わってしまうので、「電話帳の登録をこれに変えて…!」みたいな感じで、まわりの人に迷惑をかけます。

 

電話番号の引っ越し準備は、いまの携帯会社からMNP予約番号を発行してもらうだけです。

発行方法は、下記ページを参照。

よくわからない方は、店舗にいって「楽天モバイルに変えたいのでMNP予約番号をください」と伝えればOKです。

→ドコモ

→au

→ソフトバンク

 

自分はmineoという格安スマホだったので、ネットで手続きしました。

下記のメールが届きました。

楽天モバイルの契約では、下赤枠にある (1)予約番号、(2)予約番号の有効期限 を使います。

 

MNP予約番号を発行しても、すぐに電話が使えなくなるわけではないので、安心してください。

これは、引っ越しの”予約”です。

引っ越しの”実行”については後述しますが、電話が使えなくなるのは”実行”の後です(代わりに、引っ越し先のスマホで電話が使用可能になる)

「MNP予約番号ってなに?」って思うかもしれませんが、気にしなくてもいいです。

自分も知りません。

楽天モバイル側が使う管理番号で、申し込みのときに入力するだけです。

ここから先は画像つきでこまかく説明しますが、初心者でもわかる(と思われる)部分は省略しています。

「次へ」、「確定」ボタンを押すだけの画面など、なにも注意事項がないやつです。

「あれ?この画面ないな…」と思うところがあれば、そういうことです。

 

②楽天モバイルの申し込み

つぎは、楽天モバイルの契約です。

下記ページを開きます。

→楽天モバイル

 

「お申し込み」ボタンを押します。

 

いろいろと注意事項が書いてあります。

「上記すべての項目を確認しました」にチェックして、「他社から乗り換え(MNP)でお申し込み」を押します。

 

「製品 + プランセット」を押します。

SIMカードとスマホのセットです。

 

端末をひとつ選んで、「詳細を見る」を押します。

 

楽天市場のページが表示されたら、必須項目(下赤枠)を入力します。

「新規電話番号/MNPを選択」では、MNPを選びます。

その他はオプションサービスなので、必要な方のみ付け加えてください(節約派の方はすべて「追加しない」で)

入力がおわったら、右下の「購入手続きへ」を押します。

 

身分証明書の画像をアップロードします。

「XXを読み取る」を押すと、自動でカメラが起動します。

 

「①電話番号の引っ越し準備」で発行したMNP予約番号と有効期限を入力します。

「申し込み内容を保存する」を押します。

「次へ進む」を押します。

 

申し込み内容を確認して、「次へ進む」を押します。

楽天モバイルIDを持ってない方は、入力しなくてOK。

 

支払方法を入力して、「次へ進む」を押します。

 

申し込みの完了画面が表示されたら、いったん終わりです。

 

数日後、楽天モバイルからSIMカードとスマホ本体が届きます。

自分は2日後でした。

こんな感じのダンボール箱。

 

中身を確認して、SIMカードとスマホ本体がそろっていることを確認します。

そろっていなければ、届くのを待ちます。

下画像でいうと、上側にある横長の箱がスマホ本体、それに立てかけてあるのがSIMカードです。

届いたスマホは電源をつけてみて、不良品でないことを確認してください。

大事です。

不良品に気づかないまま、後述する電話番号引っ越しを完了させると、電話なしの生活になります(もとのスマホでも電話できない)

 

③旧スマホのバックアップ

いま使っているスマホから、大事なデータをバックアップします。

新しいスマホに移すためです。

人によって違いますが、ざっくり下記のとおり(ほかにもあればそれもバックアップ)

  • 電話番号
  • LINE
  • 画像、動画

 

電話番号とLINEについては、Googleアカウントを使ったバックアップが簡単です。

下記ページがわかりやすいです。

それぞれ、(1)旧スマホと(2)新スマホ の設定手順に分かれているので、(1)旧スマホ の方だけ行います。

(2)新スマホの手順は、後ほど。

→QTmobile 電話番号の引っ越し

→QTmobile LINEの引っ越し

 

画像、動画については、いったんパソコンを経由した方がシンプルです。

下記ページがわかりやすいです。

→QTmobile 画像の引っ越し

 

新スマホへのデータ引っ越しが失敗しても、旧スマホからデータが消えるわけではないので、安心してください。

自分の旧スマホも、以前のままです。

旧スマホのデータが残っていれば、手入力でもデータを引っ越せるので、最後は「これでいく!」って覚悟を決める感じです。

LINEのバックアップについては、上記ページの手順どおりに行った方がいいです。

適当にやると、トークの履歴が消えます。

上記のページはAndroid向けです。

iPhoneの方、ごめんなさいm(_ _”m)

自分はiPhoneに詳しくないので、調べてから改めて追記したいと思います。

 

④電話番号の引っ越し実行

電話番号を引っ越します。

下記のページを開きます。

→my楽天モバイル

 

今回の申込番号を押します。

はじめての方は、ひとつだけ表示されるはずです。

 

「申し込み履歴」を押します。

 

今回の申込番号を押します。

 

「転入を開始する」を押します。

 

「転入を開始する」を押します。

引っ越しの手続きがはじまり、おわるまで電話は使えなくなります(通常は10~30分)

 

電話やネットが使えなくなったら、旧スマホ → 新スマホ の引っ越し完了のサインです。

つぎのステップに進みます。

 

⑤新スマホの初期設定&データ復元

新スマホの電源をOFFにしてから、SIMピンで”SIMカードの入れもの”を取り出します。

SIMピンは、本体といっしょに届きます。

本体の横にある小さな穴に、ブスッとさすだけ。

 

“SIMカード”を、台紙から取りはずします。

サイズは3種類くらいあるので、説明書に書いてあるサイズにパキッと分解します。

 

“SIMカードの入れもの”に”SIMカード”をはめます。

向きが合っていたら、スポッと入ります。

 

“SIMカードの入れもの”をスマホ本体にもどします。

ブスッと。

 

スマホの電源をONにします。

テロン♪

 

このあとは初期設定になりますが、言語設定やパスワード登録など、初心者でもわかりそうなことは省略します。

端末によっても、ちがいますし。

注意が必要なところだけ、書きます。

 

まず最初に、「モバイルデータ通信を使用」みたいな画面が出たら、「使用する」や「ON」にしてください。

WiFiを使わず、SIMカードだけでネットが使えるか動作確認するためです。

 

同じ理由で、WiFiの接続はスキップです。

 

つぎに、Googleのログイン画面が表示されたら、ログインしてください。

「③旧スマホのバックアップ」でバックアップした電話番号が、自動で読み込まれます(Googleアカウントに保存されているので)

 

「データのインポート」みたいな画面が表示されても、無視してください。

新規セットアップで。

「③旧スマホのバックアップ」で必要なデータはバックアップしているので、新しくなにかする必要はないです。

 

Androidのホーム画面が表示されたら、「Playストア」を起動します。

 

「my楽天モバイル」をインストールします。

 

下記のようなセキュリティ警告が表示されたら、「許可」を押します。

信用できるアプリ(楽天のもの)は、すべて許可。

 

「my楽天モバイル」を起動すると、下記のような画面で契約内容や利用状況をチェックできるようになります。

 

つづいて、「Rakuten Link」をインストールします。

無料の電話アプリです。

 

インストールがおわったら、どこでもいいので電話をかけてみてください。

つながったら、OKです。

電話帳の登録内容も、旧スマホと同じようになっていることを確認します。

 

最後に、インターネットが使えるかどうかを確認します。

「Google Chrome」を起動!

 

YouTubeでもなんでもいいので、ページを読み込めたらOKです。

 

電話帳が復元できていない場合は、下記ページの後半をチェックしてください。

後半にある、新スマホの設定です。

→QTmobile 電話番号の引っ越し

 

LINEの引っ越しについても、下記ページの後半にしたがって行ってください。

画像は任意です。

「パソコンの中にあるなら新スマホにはいらんわ…」って方は、はぶいてください。

→QTmobile LINEの引っ越し

→QTmobile 画像の引っ越し

 

楽天モバイルへの乗り換えと初期設定は、これで以上です。

下記は、チェックリストです。

すべてOKであることを確認してください。

  • 電話がつながる
  • 電話帳が復元されている
  • ネットが使える
  • LINEが復元されている
  • 画像が復元されている(任意)

※ほかにバックアップしたデータがあれば、それについても確認してください

楽天モバイルの乗り換えで不明点があればコメントしてくださいm(_ _”m)

というわけで今回は、楽天モバイルへの乗り換え手順を解説しました。

下記の5ステップ。

  1. 電話番号の引っ越し準備
  2. 楽天モバイルの申し込み
  3. 旧スマホのバックアップ
  4. 電話番号の引っ越し実行
  5. 新スマホの初期設定&データ復元

 

できるだけ詳細に書いたつもりですが、不明な点がありましたらコメントしてください。

自分がわかる範囲なら、お答えします。

コメント欄は下にスクロールするとあります(名前とメールアドレスは未入力でOK)

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。