お金の貯め方

リボ払いの体験談!金利地獄のはじまりから抜け出すまでの死闘

クレジットカードのリボ払いといえば、使っていくうちに利用残高がつもりにつもって、金利地獄から抜け出せなくなる例のアレです。

自分は死ぬまで使わないだろうな…

…と思っていましたが、いろいろあってリボ払いデビューすることになりました(汗)

 

2019年のおわりまでに残高をゼロにする計画を立てていまして、予定どおり完済に向かっています。

リボ払いで”計画”とかいうのも変な話なんだけどね…。

というわけで今回は、リボ払いの利用を考えている方に向けて、私の実体験をもとに以下を共有します。

  • そもそもリボ払いとは?
  • 申し込みと解除の手続き
  • 金利はどのくらいになるか

 

そもそもリボ払いとはなにか?

クレジットカードの支払方法には、ざっくりわけて以下の3つがあります。

それぞれの特徴をくらべてみて、リボ払いがどのようなものか解説します。

  1. 一括払い:金利手数料なし
  2. 分割払い:金利手数料あり
  3. リボ払い:金利手数料あり

 

一括払い

クレジットカードを持っていない人でも、一括払いはなんとなく分かりますよね。

例えば1万円の買い物を3回した場合、翌月に3万円が銀行口座から引き落とされます。

買い物をすればするほど、返済金額が積みあがるイメージですね。

 

分割払い

分割払いについても、考え方は一括払いとまったく変わりません。

3万円の買い物を分割払い(3回)する場合、3ヵ月間にわたって1万円ずつ支払います。

後日、1万円のものを追加で買ったら、1万円を3分割した3,333円が毎月の支払額に加わります。

返済金額が積みあがっていくという意味では、一括払いと同じですね。

 

リボ払い

その点、リボ払いではどれだけ買い物をしても返済金額は変わりません。

リボ払いをはじめるときに月々の支払額を1万円に設定すると、3万円使っても5万円使っても、毎月の支払額は1万円。

その代わりに、返済期間が長くなるのが特徴です。

支払額を一定にできるというメリットがある反面、「支払額 < 利用額」の状態が続くと、以下のような悪循環にはまってしまいます。

気づいたときには借金まみれ…という人も多いようですね。

  1. 利用残高が増える
  2. 返済期間が長くなる
  3. 金利手数料が増える

説明をシンプルにするために、上の例では金利手数料を考慮していません。分割払い、リボ払いを利用すると、金利手数料が発生するので注意してくださいね!

 


リボ払いの申し込み方法

ここからは私の実体験となりますが、リボ払いの申し込みはめちゃくちゃカンタンで、ほんの数分で終わりました。

やったことは以下のとおり。

  1. クレジットカード会社のサイトを開く
  2. リボ払いの申し込み画面を開く
  3. 何回かボタンをクリックする

 

キーボードで入力するようなものは一切なく、このお手軽さが多くの人をどん底に突き落としたのだろうな…と思ってしまうくらい。

毎月の支払い額がどのくらいになるか、この時点ではよくわからなかったしね。

 

それから、どのカード会社もリボ払いのキャンペーンをやっていると思いますが、あんまり期待しない方がいいです。

私も以下のキャンペーンにエントリーしたところ、あっけなくハズレてしまいました(笑)

3万円分のポイントってかなりでかいし、冷静に判断できなくなる人もいるかも。

出典:eオリコサービス限定!マイ月リボ新規登録キャンペーン
出典:リボ払いで!最大3万オリコポイントプレゼントキャンペーン

 

リボ払いの金利手数料

リボ払いを続けていく上で、金利手数料がどのように推移していくかも共有しておきます。

私のときはそこまで残高がふくれなかったので、まだマシなケースかもしれませんが…。

 

1ヵ月目の手数料

リボ払いをはじめておよそ1ヵ月後、お楽しみの請求明細が届きました。

すべての買い物に15%の利息がついていて、わかってはいたもののかなりショッキングな光景です。

ウワアァーーーーー!!(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 

続いて、請求予定明細をチェック。

2020年3月まで…だと!?((((;゚Д゚))))

当たり前のことだけど一括払いのときは”繰越残高”という概念がなかったので、これはたしかにヤバイ…と気づきました(遅い)

 

ちなみに、初回の請求額は3,000円になっていましたよ。

申し込んだときに支払額を設定しなかったので、どうなるのかなとは思っていたのですが、どうやらこの金額がデフォルトみたいです。

3,000円のうち213円は利息で、未払金の2.7万円は翌月に繰り越しです。

ほとんど残高が減ってない…((((((((;゚Д゚))))))))

 

2ヵ月目の手数料

1ヵ月目の請求では以下のような結果になりました。

  • 支払完了月は2020年3月
  • 手数料は請求額の約10%

 

2ヵ月目の請求が届いたので、これがどのくらい悪化しているか見ていきましょう。

まずは、請求予定明細。

先ほどは1列だったのに、2列に増えております(笑)

 

お次は請求額。

先ほどは200円くらいだった手数料が、この時点で702円まで上がっていますね。

返済額は変わらず3,000円なので、手数料がふくれた分だけ元金の返済が少なくなり、翌月への繰り越しが増えています。

 

というわけで、1ヵ月目とくらべると以下のように変わりました。

いや~、よくない兆候ですね。

  • 支払完了月:2020年3月 → 2022年1月
  • 手数料  :約10% → 20%

 

3ヵ月目以降の手数料

それからも金利手数料はすくすくと大きくなり、6ヵ月目には2,000円にせまるくらいまで育ちました。

利用額請求額元金分利息分繰越残高
130,5013,0002,78721327,714
249,9863,0002,29870275,402
321,7913,0001,9191,08195,274
427,3076,0004,5961,404117,985
525,2336,0004,3211,679138,897
626,1876,0004,1051,895160,979
Coming soon…

 

いや~、あっという間に増えていきますね。

「知らないうちにこんなに!?」っていうケースが後を絶たないのは知っていましたが、普通そんなこと起こらんだろって甘く見ていました。

普通にそんなこと起こりますね、これは(笑)

 

この時点での感想と気づいたことは、こんな感じ。

  • 請求額が自動で6,000円に上がった
  • 繰越残高はあっという間に増える
  • 請求額に対する利息の割合がエグい

 

リボ払いの一括返済と解除方法については、また後日追記したいと思います。

借金地獄から無事に抜け出していたらね…。(地獄っていうほどひどいレベルではないけど)