老後資金

「老後資金は貯めるな!」を読んだ結果、老後資金を貯めることにしました

老後資金は貯めるのが普通ですが、それを真っ向から否定する本があります。

「老後資金は貯めるな!」

 

年金は70歳からスタートすると約1.5倍になるので、それだけで暮らせるよ…という趣旨。

ほんまかいな。

というわけで、シミュレーションしてみた結果、やっぱり老後資金は貯めることにしました。

 

シミュレーションの条件は、下記(私です)

  • 年収350万
  • 29歳
  • 会社員
  • 独身
  • 身長185cm
  • 体重68kg
  • フツメン(多分)

※ちなみに、彼女募集中です。お手数をお掛けしますが、何卒よろしくお願いいたします。

この記事を読むと、下記を理解できます。

(1)年金の繰り下げ受給
(2)年金の所得代替率

「老後資金は貯めるな!」を読んだ結果、老後資金を貯めることにしました

この本によると、お金のやりくりを下記のようにすると、老後資金はいらないとのこと。

  • ~69歳:貯蓄だけで生活
  • 70歳~:年金だけで生活

 

70歳まで我慢すると年金が増えるので、それまでは貯蓄で生き残ろうっていう感じ。

その貯蓄って…、

老後資金なのでは…と思ったのは秘密。

 

年金は70歳から受け取ると42%UP

年金は65歳から受け取るのがデフォルトですが、1ヵ月遅らせるごとに0.7%UPします。

最大は、70歳の42%UP

 

ねんきんネットで計算してみると、だいたい下記くらいでした(年収350万)

  • 65歳から:年間160万
  • 70歳から:年間230万

※この金額は、人によって異なります。

 

仮に、貯蓄が1,500万あって、生活費が年間230万だとします。

65歳で年金スタートなら、収入160万。

つまり、収入160万 – 支出230万 = 毎年70万の赤字…となります(86歳で貯蓄ゼロに)

横軸は歳、縦軸は貯蓄

 

その一方で、70歳で年金スタートなら、収入230万。

それまでは貯蓄がガンガン減るものの、その後は 収入230万 – 支出230万 = プラマイゼロ

貯蓄が尽きることはありません。

横軸は歳、縦軸は貯蓄

 

「貯蓄が尽きないとか、安心できるし最強やん」っていうのが、この本の主張でした。

同意。

 

これから年金は減る

とはいえ、私は老後資金を貯めることにしました。

これから年金は減るので。

 

年金が減ることは、年金財政検証というもので国が明言しています。

いまの年金は、現役世代の手取り収入と比べて約60%(所得代替率)

300万なら、180万。

 

それが、将来的に下記になります。

  • 景気がいいケース
    →約50%
  • 景気がぼちぼち
    →約45%
  • 景気がわるい
    →約40%

※所得代替率は収入によって変わるので、あくまで目安です。

 

景気がわるいケース(所得代替率40%)なら、先ほどねんきんネットで調べた金額が下がります。

下記のとおり。

  • 65歳から:年間160万
    年間107万
  • 70歳から:年間230万
    年間153万

 

収入 – 支出 = プラマイゼロ だったグラフも、こんな感じに。

77歳で貯蓄ゼロ。

ダメだこりゃ。

 


やっぱり老後資金は貯めた方がよさそう

というわけで、「老後資金は貯めるな!」という意見があるものの、貯めた方がよさそうです。

ざっくり読んだ限りでは、

この本は所得代替率を考慮していません。

 

とはいえ、70歳までに貯蓄でしのぎ、繰り下げ受給で年金を増やす作戦は、ありよりのありです。

「繰り下げ受給 & 老後資金」が無難。



こちらの記事もおすすめ!