失業保険

再就職手当をもらえる内定日と入社日の調整方法を解説します(実例つき)

「再就職手当をもらうために、内定日や入社日を調整するのは大丈夫なの?」

「もし大丈夫なら、どのように調整すればいいの?」

この記事は、そんな方に向けて書いています。

 

結論からいうと、内定日と入社日の調整方法をテンプレートにしたので、これを使ってください。

下記の時系列。

ただし、雇用保険のルールとして、許される調整と許されない調整があるので注意してください。

  1. 受給資格決定日
  2. 内定日
  3. 待期期間終了日
  4. 入社日

この記事では、入社日、就職日、採用日、雇入年月日を同じものとして解説します。

また、「自分のときは調整できた」ことを共有するものであって、「ほかの方も調整できる」と断言する内容ではありません。

不正受給と隣り合わせなので、ハローワークと相談の上、調整するようにしてください。

再就職手当をもらえる内定日と入社日の調整方法を解説します(実例つき)

ちなみに、自分のときは内定日を調整する必要はなく、入社日だけずらして再就職手当をもらいました。

下記のページでも、体験談を共有しています。

  • 再就職手当を早くもらうコツ
  • 申請~振込までの流れ
  • 最短でいつ支給されるか
再就職手当の支給日はいつ!?その答えは最短で〇日後だった再就職手当は最短でいつ支給されるか、申請から振込までの流れはどんな感じかについて、実体験をもとに解説します。再就職手当がなかなか振り込まれなくて、イライラしている方におすすめの記事です。...

 

内定日と入社日は調整していいのか

「内定日と入社日って調整していいの…?」というそもそも論ですが、自分は大丈夫でした。

正直、グレーといえばグレー。

でも、実際にハローワークからお許しが出たので、大丈夫としか言いようがありません。

 

原則の話

順を追って、”原則”から解説します。

まずは内定日。

「再就職手当のご案内」によると、内定日に関する支給条件は下記のようになっています。

受給資格決定(求職申込み)前から採用が内定していた事業主に雇用されたものでないこと。

出典:厚生労働省 再就職手当のご案内

 

受給資格決定日は、会社をやめた後、ハローワークに離職票を提出した日です。

内定日がそれより前だと、アウト。

“失業保険 = 失業者の転職活動を応援する制度”なので、退職前に次の仕事が決まっている非失業者はもらえません。

 

つぎに、入社日。

下記のとおり。

受給手続き後、7日間の待期期間(※)満了後に就職、又は事業を開始したこと。

※待期期間中に仕事等をしたことにより失業の状態でなかった日や、失業の認定を受けていない日については、待期期間に含まれませんのでご注意下さい。

出典:厚生労働省 再就職手当のご案内

 

繰り返しになりますが、“失業保険 = 失業者の転職活動を応援する制度”です。

失業保険をもらうには、失業者になる必要があります。

失業者として認定される条件は、受給資格決定日から7日間をニートとして過ごすこと。

 

7日間がすぎると、「きみ…、本当に仕事がないんだね…」みたいな感じで、晴れて失業者になります。

支給条件をクリア!

逆に、はやく仕事が見つかると、非失業者として見なされるのでお金をもらえません。

 

以上のことから、原則でいうと下記が再就職手当の支給条件となります。

  • 内定日は、受給資格決定日のあと
  • 入社日は、待期期間がすぎてから

内定日と入社日の他にも、支給条件はいろいろあります。

詳しくは、下記のページで解説しています。

→再就職手当をもらえる人ともらえない人とは?支給条件について解説

 

現実の話

逆にいうと、下記の状況になると再就職手当をもらえません。

  • 内定日が、受給資格決定日の前
  • 入社日が、待期期間がすぎる前

 

ここで頭に浮かぶのが、冒頭に書いた疑問です。

「再就職手当をもらうために、内定日や入社日を調整するのは大丈夫なの?」

 

自分の場合は、ハローワークからお許しが出たので大丈夫でした。

当時の状況を書きます。

  • すでに会社は辞めていた
  • 離職票はまだ届かない
  • 転職活動をはじめていた

 

まだハローワークに離職票を提出していないので、受給資格決定の前です。

その状態で、採用試験を受けました。

「内定もらえるかも…?」と思うほど手ごたえがあり、そのことをハローワークに伝えました。

ハローワーク
ハローワーク

採用試験はどうでしたか?

ふみあき
ふみあき

けっこういい感じでしたよ!

ハローワーク
ハローワーク

ふみあきさん、離職票の提出はまだでしたよね。もし決まりそうなら、内定日と入社日を調整してもらってはいかがですか?再就職手当がもらえますよ。

ふみあき
ふみあき

あ、そうなんですね。相談してみます。

 

以上のことから、ある程度の調整であれば暗黙的に許される可能性が高いです。

自分が実例。

これは推測ですが、転職先が決まっていない状態でハローワークに相談し、そこで紹介された求人に応募したから許されたのだと思います。

もし転職先が決まっていたら、100%不正受給です。

 

内定日と入社日の調整方法

実際に内定日と入社日を調整するなら、下記の時系列にすると再就職手当をもらえます。

  1. 受給資格決定日
  2. 内定日
  3. 待期期間終了日
  4. 入社日

 

自分の場合は、内定の前に離職票が届いたので、自然な形で 受給資格決定日 → 内定日 の流れになりました。

内定がはやく出ていたら、調整をお願いするつもりでした。

ふみあき
ふみあき

再就職手当をもらいたいので、内定日を〇月〇日、入社日を□月□日以降にしてください

 

入社日だけであれば、あえて再就職手当の話を出す必要はありません。

内定日とちがって会社が一方的に決めるものではなく、相談の上で決めるものなので。

まあ、自分はストレートに言ったんですが…。

ふみあき
ふみあき

再就職手当をもらいたいので、入社日を□月□日以降にしてください

 

もう一度、支給条件を復習します。

  • 内定日は、受給資格決定日のあと
  • 入社日は、待期期間がすぎてから

 

交渉の結果が、下記です。

左側が交渉前、右側が交渉後

待期期間がすぎる前に入社することもできましたが、再就職手当をもらうために調整しました。

日付BeforeAfter
7/6受給資格決定日受給資格決定日
7/10内定日内定日
7/11入社日
7/12待期期間終了日待期期間終了日
7/18入社日
↑もらえない!↑もらえる!

 

スポンサーリンク

内定日と入社日の調整は、ハローワークに相談してください

というわけで、この記事の内容をまとめます。

まとめ
  • 内定日と入社日の調整にはOKをもらえた
  • 内定日は、受給資格決定日のあとにする
  • 入社日は、待期期間がすぎてからにする

 

本当であれば、「ほかの人も調整して大丈夫!」と断言したいところです。

でも、不正受給と隣り合わせ

そこまで責任を負えないので、”実際に調整できた事例”として参考にしていただき、ハローワークに相談してください。

 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ!