仕事

プログラマーから社内SEに転職した者の末路【仕事内容やスキルなど】

ホワイトな労働環境にあこがれて、社内SEへの転職を考えたりしていませんか?

プログラマーから社内SEになった私としては、たしかにホワイトです。

ただし、向き不向きはありますね。

 

というわけで今回は、社内SEを検討している方にむけて、以下のことを書いていきます。

転職するべきかどうか、判断材料の足しにしてください。

  • 社内SEってどんな仕事?
  • どんなスキルが必要?
  • プログラマーとの違いはなに?

 

プログラマーから社内SEに転職した者の末路【仕事内容やスキルなど】

システム開発がメインの会社だと、開発にかかわる人が多いですよね(当たり前ですが)

社内SEはサポート部門なので、人員はけっこう減ります。

必然的に、仕事の担当範囲はひろめ。

  • プログラマー → 担当範囲がせまい
  • 社内SE   → 担当範囲がひろい

 

基幹システムの管理がメイン

社内SEの募集をしている会社であれば、たいがい基幹システムがはいっています。

メインの仕事は、それのおもりですね。

以下はその一例。

  • システム障害の対応
  • 機能の追加や改修
  • データのメンテナンス

 

数年に一度は、システムのバージョンアップという一大イベントもあります。

データベースや各種ライブラリが古くなって、サポート期限をむかえるなど。

そういうときに、システムを一新する感じです。

 

最近でいうと、VB6 → VB.NET へのコンバート案件とかがにぎわっているかと思います。

基幹システムはけっこうデカいので、プログラミング言語の変更はしんどいですよ。

プログラマーなら、そういう案件にかかわると大活躍できますけどね。

 

パソコンのキッティング

パソコンが古くなったり、OSのサポート期限が切れると、キッティングという作業がはいります。

要するに、新しいPCのセットアップです。

下記のとおり。

  • OSのインストール
  • ネットワーク接続
  • 各種ソフトの設定

 

手順書をつくってから作業をはじめるので、基本的には同じことの繰り返しです。

ただし、数はすごいですよ。

中小企業でも数十台、大企業なら数百台にはなるかと。

 

ちなみに、この記事を書いているのは2019年11月、Windows 7 のサポート期限が近いため、どこの社内SEも忙しくしていると思います。

Windows 10 の段ボール箱を開けて、OSを入れて、初期設定して…っていう作業ですね。

まさに今、私もやっていますが、やりすぎて職人の域に達しました。

 

ヘルプデスク・問い合わせ対応

システム開発の会社では、ほぼ全員がプロなので初歩的なことはあまり聞かれません。

わからなくても、みんなググりますから。

 

ところが、社内SEになると周りはほぼ素人。

以下のような問い合わせがきます。

  • ネットにつながらないだけど!
  • ZIPの解凍ってどうやるの?
  • DVDにファイルコピーしといて

 

正直なところ、「自分でやれよ…」って思ってるんですけどね(笑)

SEレベルの知識をもとめるのもアレなので、こんなものかなとは思っています。

 


社内SEに向いている人とは?

ここまでの内容をふまえて、私が考える「社内SEに向いている人」の特徴をまとめておきます。

ちなみに、私はそれほど当てはまっていません(笑)

 

面倒見がいい人

先ほどもすこし触れましたが、周りの人にITリテラシーはあまり期待できません。

初歩的な問い合わせがきても、じっくりていねいに対応できる人は社内SEに向いていますよ。

 

ちなみに、問い合わせをしてくる人は2つのタイプに分かれます。

以下のとおり。

  1. まる投げしてくる人
  2. やり方を聞く人

 

たとえば、「エクセルのここをこうして!」っていうタイプと、「エクセルのここをこうする方法を教えて!」っていうタイプですね。

後者の人がくると、とてもやさしい気持ちになって、手取り足取り教えてあげたくなりますよ。

前者はしらん。

 

トラブルに耐性がある人

トラブルが起きても何も感じない、強心臓な人は社内SEに向いています。

いろんなことで急に呼び出されますからね。

 

私の実体験でいうと、こんな感じ。

  • WIFIがつながらない!
  • 急にシステムが止まった!
  • 停電になった!

 

停電になったときは、かなりビビりました。

非常用電源があってサーバーは生きてましたが、再起動などの後処理がありますからね。

再起動中はシステムが止まる旨の周知もめんどい。

 

社内SEはワークライフバランスがいい

社内SEについていろいろ書きましたが、私はおおむね満足していますよ。

ちょっと退屈だなって感じることもありますけどね。

 

プログラマー時代と比べると、かなり健康的な生活を送れてるし、こうやってブログを書く時間もあるし。

ワークライフバランスを重視したい人には、おすすめの仕事です。



こちらの記事もおすすめ!