社会保険の計算ツール

出産育児一時金と出産手当金の自動計算ツール!いくらもらえるかスグにわかります

社会保険の出産育児一時金と出産手当金をおよそ3分で計算できるツールです。

以下のステップで進めるので、健康保険証と給与明細を手元に用意してください。

  1. 標準報酬月額をチェック
  2. 計算ツールに入力
  3. 計算ボタンを押す

 

標準報酬月額をチェック

出産手当金を計算するためには、まず最初に標準報酬月額とよばれるものを確認します。

健康保険証と給与明細の記載内容をもとに、以下のツールで計算してください。

計算結果として表示される金額のうち、社会保険用のものを使います。

【2019年】標準報酬月額の自動計算ツール!給与明細でカンタンにわかります社会保険や厚生年金保険の標準報酬月額、およびその等級を、およそ1分で計算できるツールです。 協会けんぽの健康保険に加入している方は...

出産手当金の”概算”を計算する場合は、直近1ヵ月分の給与明細で標準報酬月額をもとめてください。

“厳密”に計算する場合は、過去12ヵ月間の標準報酬月額を平均した金額をもとめてください。

詳細は、こちらのページの「出産手当金の額」という項を参照

 


出産手当金の自動計算

以下の項目を入力し、計算ボタンを押してください。

1. 標準報酬月額

標準報酬月額の計算ツールで確認した数字を入力してください。(例:220000)

 

2. 赤ちゃんの人数

赤ちゃんの人数を入力してください。(例:1)

 

3. 出産予定日

出産予定日を入力してください。

 

4. 出産日

産前の場合は未入力のまま、産後の場合は実際に出産した日を入力してください。

 

計算

 

↓計算結果が表示されます↓

休業期間    :
出産育児一時金 :
出産手当金(日額):
出産手当金(総額):

休業中に給料が支給された場合は、出産手当金からその金額が差し引かれます。

産科医療補償制度に加入していない医療機関で出産した場合は、出産育児一時金が一児につき40.4万円となります。

 



こちらの記事もおすすめ!