節約法

スマホ料金を中速使い放題で月額2000円にした節約方法を共有します

「スマホ料金を節約したいんだけど、どうすればいいの…?」

「やっぱり格安スマホの方がいいのかな…?」

この記事は、そんな方に向けて書いています。

 

結論からいうと、スマホの使い方や利用頻度によって、節約方法は異なります。

自分の場合は、格安スマホ

料金プランや使い心地などを共有するので、節約に成功した一例として参考にしてください。

  • 月額料金は2000円前後
  • インターネット使い放題
  • 通信速度はすこし遅め
    →ただし、実用レベル

スマホ料金を中速使い放題で月額2000円にした節約方法を共有します

ちなみに、自分が使っているのは mineo(マイネオ)という格安スマホです。

とくに不満はありません。

下記に当てはまる方なら、検討する価値はあります。

  • とにかく料金を節約したい
  • 残りギガを気にしたくない
  • 動画は標準画質でも大丈夫

 

料金プランと月額料金

料金プランは、基本料金1400円 + オプション350円 + 電話代

税込みで、約2000円。

前回の請求書をはります。

オプションは無料期間中なので、上記明細には含まれていません。

本来なら、オプション350円が加わって、2000円前後になります。

 

基本料金

基本料金は、Dプラン(ドコモ回線)のパケット500MBです。

1400円。

Aプランはau回線、Sプランはソフトバンク回線のことで、現時点で契約中のキャリアと合わせることで、いま持っているスマホをそのまま使えます(原則)

 

オプション

オプションは、パケット放題のひとつのみ

350円。

ぼちぼちの速度(最大500kbps)で無制限にネットが使えます。

 

たいがいの会社は、ギガがなくなると速度制限(100~200kbps)がかかり、非実用的な速度になります。

グーグル検索を含めて、かなりキツイ。

パケット放題をつけると実用的な速度になるので、検索は普通にできるし、YouTubeも低~中画質なら十分に観れます。

出典:mineo

 

電話代

電話代は、30秒ごとに10円

「10分以内の電話かけ放題」のオプションもありますが、自分はつけてません。

ほとんどメールかラインで済ましています。

 

上記オプションは935円なので、電話をよく使う方はつけた方がいいです。

合計で3000円くらいになります。

 

使い心地について感想

使い心地については、とくに不満はありません。

下記のとおり。

  • スマホ料金を大幅に節約できた
  • 通話の品質はそのまま
  • ネットの速度も許容範囲

 

パケット放題のON/OFFを切り替えるスイッチがあるのですが、自分はずっとONのまま

その間、基本料金の500MBは減りません。

「いつ使うんや…」って話になりますが、パケット放題の速度(500kbps)で十分なので、使わずにそのまま消滅させています。

むしろ、ON/OFFを切り替えるのが面倒…。

 

それから、ネットの通信速度を計測してみました。

こんな感じ。

  • Googleで検索する
    →1秒
  • 阿部寛さんのHPを開く
    →0.5秒
  • mineoのHPを開く
    →3秒
  • 動画再生(低画質 240p)
    →3秒で開始
    →途中で止まらない
  • 動画再生(中画質 360p)
    →5秒で開始
    →途中で止まらない
  • 動画再生(高画質 720p)
    →12秒で開始
    途中で止まる

 

読み込み速度に定評のある阿部寛さんのHPは、パケット放題でも激速でした。

逆に、かなり重いmineoのHPは3秒で大半が読めるようになり、画像だけがすこし遅れて表示されます。

 

動画再生は、YouTubeで見つけたmineoの動画で検証しました。

動画がはじまるまで3~5秒かかりますが、それ以降はとくに問題ありませんでした。

高画質は…、あきらめた方がいいです。

 

格安スマホのデメリット

ここまで読んで、「まあ大丈夫かな…」と感じた方に向けて、いくつかデメリットも共有します。

下記の3つ。

  1. LINEのID検索ができない
  2. 対面サポートがない
  3. 災害時はちょっと不安

 

LINEのID検索ができない

ひとつ目のデメリットは、LINEのID検索ができないこと。

なにげに不便です。

 

「LINEのID教えるから登録して~!」って友達に言われても、登録できません。

下記の画面が表示されます。

 

「年齢認証が必要…」とのことですが、それには三大キャリアのアカウントが必要なのです。

格安スマホは、不可。

仕方ないので、自分は電話番号で検索してます。

まあ、自分は友達がすくないので、そもそも登録する機会があまりないのですが…。

同じ境遇の方にとっては、それほど大きなデメリットではありません。

 

対面サポートがない

これは人によりますが、格安スマホは対面サポートがない会社がほとんどです。

スマホにうとい人は、難しいかも。

下記を基準に判断するのがいいです。

  • 店舗でサポートをよく受ける人
    →格安スマホに向いてない
  • 店舗でサポートを受けない人
    →格安スマホに向いている

 

自分は以前ドコモでしたが、店舗に行ったのは契約と解約のときだけ。

同じような方は、格安スマホに向いています。

 

災害時はちょっと不安

かなり未知数なデメリットですが、格安スマホは災害時にすこし不安です。

格安スマホは、回線を大手キャリアから“借りています”

災害時に通信が混雑すると、大手キャリアは自社のお客さんを優先するはずなので、格安スマホに貸し出す回線を減らす可能性があります。

結果的に、通信障害のリスクがすこし高め。

 

スポンサーリンク

格安スマホはメリットとデメリットを比較した上で契約してください

というわけで、今回紹介した方法を使うと、だれでもスマホ料金を月額2000円まで節約できます。

ただし、デメリットもあります。

メリットとデメリットを比較した上で、「格安スマホの方がいいな…!」と感じるかどうかで判断してください。

まとめ

メリットとデメリットを天秤にかけて、判断する

メリット

  • 月額料金を節約できる

デメリット

  • 通信速度がすこし遅い
  • LINEのID検索ができない
  • 対面サポートがない
  • 災害時はちょっと不安

 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ!