退職代行

【実体験】退職代行を使っても有給消化できた話を共有します

「退職代行を使ったら、有給休暇の残りはどうなるの?」

「有給消化できるか知りたい」

有給消化するとその分だけ給料が増えるので、気になりますよね。

 

結論からいうと、有給消化は”ほぼ確実”にできます。

自分もできました。

自分の実体験をもとに、下記について解説します。

  • 有給消化できた体験談
  • 一般的に消化できるのか
  • 有給消化の成功率は?

【実体験】退職代行を使っても有給消化できた話を共有します

ちなみに、自分が退職代行を使ったときの体験談は、下記のページで詳しく解説しています。

もしよければ、読んでみてください。

退職代行SARABAの体験談!会社から解放されるまでの流れをていねいに解説します退職代行SARABAで会社をやめた体験談です。(1)退職代行を使った方がいい人、(2)退職代行の流れ、(3)退職代行後にやること を実体験ベースで解説します。...

 

退職代行で有給消化できた話

自分が退職代行を使ったのは3月30日で、その時点では有給休暇が2日ありました。

3月30~31日の2日間で有給消化。

そのまま、3月31日で退職した感じ。

 

退職代行を使う時点で、すでに6日連続で休んでいたんですけどね。

合計で8日間。

下画像は退職直前の給与明細で、有給休暇の残り日数がのっています。

給与明細の有給休暇残り日数

 

下画像は、退職代行を使ったあとに郵送された給与明細で、残り日数が0日になっています。

有給消化されたことがわかります。

その期間の給料も、しっかりもらえました。

給与明細の有給休暇残り日数

 

一般的に有給消化できるのか

自分は有給消化できたわけですが、ほかの方はどうなのでしょうか(一般的に)

理屈でいうと、可能です。

  1. 普通の退職 = 有給を消化できる
  2. 普通の退職と退職代行は同じ
  3. ①~②により、退職代行 = 有給を消化できる

 

まず、退職代行ではなく、普通に退職するときは有給を残さず消化できます。

ソースは下記。

労務管理に関する記事なので、社員よりは会社側によりそった内容ですが、そこでさえ“有給消化の拒否はムリ”と判断しています。

有給取得の日程をずらす、時季変更権も含めて。

退職前にまとめて有休申請されたらどうする?

退職前にまとめて有休申請された場合、実際のところ法律的には対応策がほとんどないというのが現状です。

出典:CLOUZA COLUMN 勤怠管理コラム

 

それでは、退職代行を使った場合はどうかというと、普通の退職となにも変わりません。

退職の手続きは、まったく同じ。

退職代行を使った会社の人事に確認したら、「普通の退職と同じように処理しました」とのことでした。

 

なにが言いたいかというと、普通の退職で有給消化できるなら、退職代行でもできるということ。

手続き的には、同じなので。

「退職代行では有給消化できない」みたいな法律があれば、別ですけどね(ないと思いますが)

 

有給消化の成功率は?

上記のとおり、理屈で考えると退職代行でも有給消化できるのですが、現実的には消化できないケースもあるようです。

まあ、普通の退職もですが。

下表は、退職代行の会社をいくつか抜粋し、有給消化に関する記載を集めたものです。

退職代行有給消化に関する記載
SARABA成功率98%の有給消化サポート
ニコイチ有給消化を無料でサポート
EXIT有給休暇の消化については確認させていただきますが、100%消化できるという保証はできません。
Jobs法律上、有給休暇は従業員が申請すれば原則として取得することができます。
Jobsの有給申請対応の退職届で申請の意思をお伝えすることもできます。

 

「有給消化は100%可能です!」と断言している会社は、ないですよね。

98%はありますが。

 

原因はおそらく、代行会社が有給消化について交渉する権利を持っていないからです。

いわゆる、非弁行為。

弁護士の資格をもたない人が、弁護士のナワバリ(仕事)を荒らさないようにする…みたいなルールがあるのです。

【まとめ】退職代行を使っても有給消化は”ほぼ確実に”できる

というわけで、今回の内容をまとめます。

  • 実体験として有給消化は可能だった
  • 法律的にも可能
  • 現実的には、成功率は100%ではない

 

退職代行で無難にいくなら、成功率98%のSARABAあたりにするのがいいと思います。

自分が使ったところです。

 

有給がたくさん残っていて、「成功率を1%でも上げたい!」という方は、弁護士に依頼するのがいいかも。

ちょっと相場は上がりますが。

有給を取れたら給料も上がるので、もとは取れるのではないかと思います。

こちらの記事もおすすめ!