ロボアド

【評判まとめ】WealthNaviの口コミを暴落前後で比較してみた

WealthNavi、これからはじめる人にとっては評判が気になりますよね。

暴落があったらお金が一気にふっとぶかもしれないし、事前にいろいろ知っとくと気が楽になるかも。

 

というわけで今回は、WealthNaviの口コミをTwitterからピックアップしてみました。

情報がかたよらないように、景気がいいときと悪いときをまとめます。

ちなみに、私の意見としては「投資をスタートするためにはおすすめだけど、ずっと続けるものではない」です。

 

この記事は、以下の方が対象です。

  • これからロボアドをはじめる
  • WealthNaviの評判を知りたい

 

WealthNavi – 景気がいいときの評判

最近でいうと、2018年の夏から秋にかけて株価が上がっていました。

その後は急落したんですけどね。

 

下記は、ダウ平均株価の推移。

WealthNaviの投資先は米国株がかなりの割合を占めているので、ある程度はダウ平均に連動します。

 

上記のとおり、景気が最高潮になって株価が頭打ちになったのが9月下旬。

この直前のツイートをいくつか抜粋します。

 

評判・口コミ1:増えてる系

まずは、株価が上がってウハウハ系のツイート。

下記のとおり。

 

上記の方ははじめて半年なので、それほど大きなプラスにはなっていないようです。

…が、増えてることにはちがいなく、よろこばしいことですね。

 

WealthNaviは2016年からはじまったサービスなので、その頃からやっている人たちはもっとリターンが出ているはず。

そのときのダウ平均株価は、今よりもずっと低いですからね。

 

評判・口コミ2:手数料が高い系

つぎは、「WealthNaviってぼったくりじゃね?」という趣旨のツイート。

下記のとおり。

 

WealthNaviの手数料は1%となっていますが、じつは投資先のETFでも手数料を別途とられています。

おそらく合計で1.1%くらい(当てずっぽうです)

 

分散投資では利回り3%でぼちぼちなので、1%でもけっこうデカいんですよ。

というより、”めちゃくちゃ”デカいです。

100万円を投資していたら、手数料として年間1万円とられるわけですからね。

 


WealthNavi – 景気が悪いときの評判

つぎは、景気が悪いときのツイートを紹介します。

景気がよかった9月下旬からしばらくたって、12月中旬くらいですね。

 

評判・口コミ3:減ってる系

まあ…、当たり前のことですが「マイナスになった!」っていう悲鳴のツイートばかりです。

以下のとおり。

 

ドルコスト平均法の考え方としては、こういう低迷期は合った方がいいんですけどね。

ジャンプするときに、一度しゃがむ感じで。

ただ、マイナス10%とかは見るだけでキツイです(短期投資ではこれくらい普通なのでしょうが…)

 

評判・口コミ4:川柳系

マイナスになりすぎて、自虐的な川柳をツイートしだす猛者もいました。

ネタで紹介しておきます。

WealthNaviはずっと続けるものではない

ついでに私の運用成績も公開しておきます。

最初に10万円を入金して、1ヵ月ごとに1万円を積み立てていった結果です。

 

増えてはいるのですが、全体をとおしてマイナスの期間が長いですね。

上画像でいうと、水色が元本、青色が時価額なので、運用期間の80%くらいはマイナス。

投資信託などで運用しても同じ感じになるのでしょうが、1%の手数料がマイナスに拍車をかけているのは確実です。

 

私の考えとしては、WealthNaviは投資の初心者にはおすすめですが、ずっと続けるものではないですよ。

下記のような積み立て投資のキホンをマスターしたら、自分でインデックスファンドに投資する方がいいかと。

手数料は1% → 0.2%くらいまで下がりますよ。

  • ポートフォリオの組み方
  • リバランス
  • ドルコスト平均法