節約法

エリア判定が三角のところでWiMAXを1年使ってみた感想

WiMAXを契約してから1年がたちましたが、なんだかんだで今もなお使い続けています。

エリア判定が三角のところに住んでいるので、けっこう不安ではあったんですけどね。

なにせ家の裏がこんな山になってますから。

 

 

というわけで今回は、「エリア判定が三角でもWiMAXは使えるの?」というテーマで書いていきます。

実際に1年使ってみた感想をそのままお話しするので、まあまあ参考になるかと思います。

 

三角のエリアでも速度はオッケー

この記事を読んでいる方は、おそらく私と同じようにエリア判定で三角をくらったのだと思います。

心中お察しします。

 

やっぱり光回線にしとくか…と考えているかもしれませんが、結論からいうと“おそらく大丈夫”ですよ。

私のところでは、ネットの速度を測ってみるとこんな結果になりました。

 

“65Mbps”が速いのか遅いのかわからんって方が多いと思いますが、かなり速いです。

光回線を引いている私の実家でも、”20Mbps”くらいでしたから。

メールのチェック、ネットサーフィン、YouTubeなどの動画などは、まったく問題なくやってくれてます。

 


三角のエリアでは常に速いわけではない

三角のエリアでもネットの速度はけっこういい感じですが、常に速いわけではありません。

そもそも固定回線と比べると、安定性という面ではWiMAXのような無線は不利ですしね。

その中でも通信環境があまりよくないエリアということで、仕方がないところではあります。

 

さきほど”65Mbps”の画像を載せましたが、あれは調子がいいときのスコアで、実際には”5~15Mbps”のときが多いです。

それでも私のようなライトユーザーにとっては、十分すぎる速度なんですけどね。

日常的に使っているかぎりでは、とくにストレスを感じることはありません。

 

それから、WiMAXの端末は電波がよく届くところに置かないと、速度と安定性がガタ落ちするかもしれません。

WiMAXの電波はまっすぐ飛んでいくみたいで、障害物だらけの家の中に持っていくと、役に立たないプラスチックごみと化します(笑)

私のWiMAXにとっては窓際がスイートスポットらしく、それ以外のところに連れていくとまったく返事をしてくれません。

 

TryWiMAXで試すのが一番

私はド田舎にある山に面した家に住んでいますが、ネットを使う上ではとくにストレスを感じたことはありません。

だからといって、みなさんのところでも同じように動くとは約束できるはずもなく…。

 

こればっかりは、WiMAXの端末を取り寄せて、実際に試すのが手っ取り早いですよ。

TryWiMAXという無料お試しサービスがあるので、ぜひそれを使ってみてください。

私も契約する前に使ってみましたが、手続きはいたってシンプルなものでした。

  1. TryWiMAXを申し込む
  2. WiMAXが家に届く
  3. おためしプレイ!
  4. WiMAXを返送する

 

ちなみに、WiMAXのプロバイダは月額料金が低い”GMOとくとくBB”をおすすめします(私もGMOにしました)

【2019年12月】GMOとくとくBB vs Broad WiMAX!おすすめはGMOの月額割引キャンペーン【徹底比較】GMOとくとくBBとBroad WiMAX、めちゃくちゃ悩んだ結果、私はGMOとくとくBBを契約しました。 決め手になったのは、以...