ブログ

【最速簡単】WordPressのドメイン変更を3ステップで済ませる方法【エックスサーバー】

WordPressのドメインを変更する際、標準のインポート・エクスポート機能を使うと、ソースに旧URLが残ってけっこう苦労するみたいですね。

この記事では、そんな中途半端なものではなく、前の環境をスッキリと新ドメインに引っ越す方法を解説します。

エックスサーバーを使って説明しますが、どんなサーバーでも基本的な流れ(下記)は変わりません。

  1. 新ドメインのWordPressを準備
  2. 旧 → 新ドメインのデータ移行
  3. 旧 → 新ドメインのリダイレクト

 

ちなみに、このブログもこれから説明する方法でドメインを変更しました。

ほとんどの工程をプラグインが自動でやってくれるので、時間がかからないし、なによりミスがないのがメリットです。

 

新規ドメインのWordPressを準備

まず最初に、新規ドメインのWordPressを準備します。

  1. 新ドメインのWordPressを準備 ←イマココ
  2. 旧 → 新ドメインのデータ移行
  3. 旧 → 新ドメインのリダイレクト

 

新規ドメインを取得する

▼WordPressの引越し先となる新規ドメインを取得します。

お名前.comやムームードメインなど、ドメインを取得できるサイトはいろいろありますが、エックスサーバーを使っている場合は、親和性がもっとも高い「エックスドメイン」がおすすめ。

→エックスドメイン

 

▼エックスドメインを開くと下画像の入力欄が表示されるので、下記の流れで進めてください。

  1. 希望のドメインを入力する
  2. 検索ボタンを押す

 

▼検索ボタンを押すと、取得できるドメインの一覧が表示されます。

下記の手順で次の画面へ!

  1. 取得するドメインを選択する
  2. 取得手続きに進むボタンを押す

 

 

▼あとは以下のように進めると、ドメインの取得は完了です。

  1. 支払い方法を入力する
  2. 利用規約に同意する

 

ネームサーバーを設定する

▼引越し先のドメインを取得できたら、ネームサーバーの設定に進みましょう。

インフォパネルにログインしてください。

→インフォパネル

 

▼インフォパネルの左サイドバーに「契約情報」というやつがあるので、クリックしてください。

 

▼一覧の上にある「ドメイン」というタブを開き、新規ドメインの「ドメインパネル」ボタンをクリックしてください。

 

▼画面の下にスクロールすると、「ネームサーバー情報」という欄があります。

「設定変更」ボタンをクリックしてください。

 

▼エックスサーバーを使う場合は、ネームサーバーをいちいち入力しなくても大丈夫です。

「XSERVERで利用する」を選択して、「ネームサーバーの変更(確認)」ボタンをクリック。

 

▼確認画面が表示されたら、「ネームサーバーの変更(確定)」ボタンをクリックしてください。

ネームサーバーの設定は、これでおしまい!

 

新規ドメインをサーバーに登録する

▼ネームサーバーの設定がおわったら、新規ドメインをエックスサーバーに登録します。

サーバーパネルにログインしてください。

→サーバーパネル

 

▼サーバーパネルのドメイン欄にある「ドメイン設定」をクリックしてください。

 

▼ドメイン設定画面が表示されたら、以下の流れで進めてください。

  1. 「ドメイン設定追加」タブを開く
  2. 新規ドメインを入力する
  3. 「確認画面へ進む」ボタンを押す

 

▼こんな画面が表示されるので、「追加する」ボタンを押します。

 

▼ドメイン設定画面をふたたび開きます。

新規ドメインの横に「反映待ち」と表示されているはずなので、これが消えるまでしばらく待機しましょう。(最大で1時間くらい)

 

WordPressをインストールする

▼新規ドメインにWordPressをインストールします。

サーバーパネルのWordPress欄にある「WordPress簡単インストール」をクリックしてください。

 

▼その後の手順については、以下のページで詳しく解説されています。

→エックスサーバー WordPress 簡単インストール

 


旧 → 新規ドメインのデータ移行

新規ドメインのWordPressを準備できたら、旧ドメイン → 新規ドメインのデータ移行に進みましょう。

大まかな流れとしては、旧ドメインのデータをダウンロードして、それを新ドメインにアップロードするだけ。

  1. 新ドメインのWordPressを準備
  2. 旧 → 新ドメインのデータ移行 ←イマココ
  3. 旧 → 新ドメインのリダイレクト

 

ドメイン変更のプラグインをインストール

サーバーの仕組みをよく知っている人はFTPソフトでも大丈夫ですが、今回は初心者でもカンタンにデータを引越しできるプラグインを使います。

WordPressの管理画面で「All-in-One WP Migration」というプラグインを検索してください。

このプラグインを、旧ドメインと新ドメインの両方にインストールします。

 

旧ドメインのデータをダウンロード

▼プラグインをインストールしたら、旧ドメインのダッシュボードを開いてください。

左サイドバーにある「All-in-One WP Migration」「エクスポート」をクリックします。

 

▼「エクスポート先」「ファイル」をクリックしてください。

 

▼しばらくしたら、こんな感じの画面が表示されます。

「ダウンロード」ボタンをクリックすると、ダウンロードが始まります。

 

アップロードのサイズ上限を変更する

▼旧ドメインのデータをダウンロードできたら、そのデータを新ドメインにアップロードします。

まずは、新ドメインのダッシュボードから「All-in-One WP Migration」「インポート」をクリックしてください。

 

▼旧ドメインのデータが「最大アップロードファイルサイズ」を超えている場合は、新ドメインの設定を変えなければいけません。

新ドメインのサーバーパネルを開き、PHP欄の「php.ini設定」をクリックしてください。

 

▼下の方に「その他の設定」という欄があります。

以下の項目を、思い切ってメチャクチャ高めに設定してください。

  1. max_execution_time:秒単位
  2. max_input_time       :秒単位
  3. memory_limit     :MB単位
  4. post_max_size   :MB単位
  5. upload_max_filesize:MB単位

 

①~②はアップロードにかかる時間、③~⑤はアップロードするデータのサイズを基準にします。

念のために、想定の2~3倍くらいにしておきましょう。

入力がおわったら、「確認画面へ進む」ボタンをクリックし、その次の画面でも「変更する」ボタンをクリックします。

ドメイン変更の手順をすべて終えたら、設定をもとに戻すようにしてください。

過去に設定を変えたことがない場合は、同じ画面にある「php.ini設定初期化」という機能を利用してもOKです。

 

新ドメインにデータをアップロード

▼php.iniの設定がおわったら、新ドメインのダッシュボードから「All-in-One WP Migration」「インポート」をクリックします。

「最大アップロードファイルサイズ」が上がっていることを確認してください。

 

▼「インポート元」「ファイル」をクリックし、先ほどダウンロードした旧ドメインのデータを選択します。

 

▼「開始」ボタンをクリックします。

 

▼アップロードが終わると、「パーマリンク構造を保存する」というメッセージが表示されます。

赤枠のリンクをクリックしてください。

 

▼いつものログイン画面が表示されます。

旧ドメインのユーザー名とパスワードでログインしてください。

 

▼パーマリンク設定の画面が表示されます。

画面の最下部にある「変更を保存」ボタンをクリックしてください。(よくわからないけど、プラグインの仕様上、この工程は必要みたいです)

 

ここまでの流れで、旧ドメイン → 新ドメインへのデータ移行はおわりです。

 

ちなみに、インポートするファイルがかなり大きい場合は、インポートが途中で止まってしまうことがあるようです。

その際は、旧ドメインからエクスポートする際に、メディアファイル(画像など)を除くように設定してみてください。

メディアファイルはFTPソフトなどで別途アップロードする必要がありますが、リンクのURLは新ドメインに変わっているので、手間が減ることには変わりありません。

 

旧ドメイン → 新規ドメインのリダイレクト

最後のステップは、旧ドメイン → 新ドメインのリダイレクト。

  1. 新ドメインのWordPressを準備
  2. 旧 → 新ドメインのデータ移行
  3. 旧 → 新ドメインのリダイレクト ←イマココ

 

.htaccessを編集する

リダイレクトの設定をすることによって、以下のメリットがあります。

  • 旧ドメインへのアクセスを新ドメインに転送
  • 旧ドメインの評価を新ドメインに引き継ぎ

 

▼まずは、旧ドメインのサーバーパネルを開いて、ホームページ欄にある「.htaccess編集」をクリックします。

 

▼ドメイン一覧にある旧ドメインを選択すると、.htaccessの編集画面が表示されます。

以下のコードの「新ドメイン」を変更した上で、.htaccessの一番上にコピーしてください。

RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule (.*) https://新ドメイン/$1 [R=301,L]

 

▼「確認画面へ進む」ボタンをクリックして、その次の画面でも「実行する」ボタンをクリックします。

ここまでの流れで、旧ドメインへのアクセスはすべて新ドメインに誘導されるようになります。

 

Search Console のアドレス変更ツール

最後のステップとして、Search Console のアドレス変更ツールを使います。

これによって、以下のメリットを受けられます。

  • SEOへの影響を最小限に抑える
  • 新ドメインのインデックスが早まる

 

詳しい手順については、以下の公式ページを参照してください。

→Search Console アドレス変更ツールの使用

 


WordPressのドメイン変更が完了!

ここまでの流れで、WordPressのドメイン変更は完了です。

カンタンにまとめると、こんな感じの流れでしたね。

  1. 新ドメインのWordPressを準備
  2. 旧 → 新ドメインのデータ移行
  3. 旧 → 新ドメインのリダイレクト

 

このブログでは、WordPressをバックアップする方法についてもまとめています。

もし興味があれば、以下の記事も読んでみてください。

【保存版】WordPressをプラグインで自動バックアップ&復元する方法!ブログの記事をがんばって書いても、その作業がすべて消えてしまったらテンションが下がりますよね。 私もちょっと前にサーバー障害で1日...


こちらの記事もおすすめ!