ただの雑記

なぜ、YouTubeの広告は育毛剤ばかりになるのか?対策法は?

自分はアラサー(30歳)なのですが、最近になってYouTubeの広告に異変が起きています。

育毛剤、増毛。

このふたつで、ほぼ占領されています。

 

たとえば、こちらの広告。

 

言っておきますが、自分は(まだ)ハゲてません。

ペタンッ…ってなるくらいです。

それなのに「お前ハゲてんだろ?w」と言わんばかりに、育毛剤と増毛をおしまくるなんて、まことに遺憾ですねぇ。

 

というわけで、この手の見当ちがいな広告が表示されないよう、原因分析と対策をほどこしました。

下記の順で報告します。

  • なぜ育毛剤の広告ばかりなのか?
  • ほかの広告を表示させるには?

なぜ、YouTubeの広告は育毛剤ばかりになるのか?対策法は?

ちなみに、自分以外の人にも同じ現象が起きているようです。

これはクレームものですね。

 

なぜ育毛剤の広告ばかりなのか?

育毛剤の広告ばかりになるのは、YouTubeを運営するGoogleがあなたにあった広告を選んでいるからです。

Googleは、下記の情報を知っています。

それをもとに、適切な広告を選びます。

  • 興味や関心
  • 視聴した動画
  • 性別や年齢層

情報元:Google 視聴している動画に表示される広告

 

自分は育毛について興味がないし、いままで関連する動画を観たこともありません。

なにが原因なのか。

消去法で考えると、性別と年齢層です。

「こいつ、そろそろハゲてくる頃だな…」と、Googleが勝手に判断しているのです。

 

ほかの広告を表示させるには?

ということは、性別と年齢層の情報をGoogleにわたさなければ、育毛剤の広告から解放されるはず。

設定方法を共有します。

 

まず、Googleの広告カスタマイズ画面を開きます。

→https://adssettings.google.com/

 

下の画面が表示されます。

ユーザー属性の、「男性」を選択します。

 

「更新」を押します。

 

「指定しない」を選択します。

 

以上の手順で、ユーザー属性から「男性」が消去されます。

Googleは「男性?女性?どっち?」みたいに性別がわからなくなり、育毛剤などの広告はなくなると思われます。

 

ちなみに、設定をもどすにはGoogleアカウントの設定画面から可能です。

下記の手順です。

詳しくは、ググってください。

 

YouTubeの右上にあるアカウントのアイコンを押します。

 

「Google アカウントを管理」を押します。

 

「個人情報」を押します。

「性別」を押します。

 

「男性」を押します。

 

スポンサーリンク

【まとめ】育毛剤の広告を止める方法

というわけで、この記事をまとめます。

まとめ
  • YouTubeの広告はユーザーの情報に連動する
  • ユーザーの情報を変更することで、別の広告が表示されるようになる

 

これでもし育毛剤の広告が表示されたら、諦めましょう。

おそらく、そういうことです。

 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ!